オリックス、アダム・ジョーンズの獲得を発表 MLB通算282発、球宴5度選出

2019-12-11 12:08 「Full-Count」編集部
オリックスが獲得を発表したアダム・ジョーンズ※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

オリックスが獲得を発表したアダム・ジョーンズ※写真提供:Full-Count(写真:Getty Images)

DバックスFAのジョーンズは通算1939安打、282本塁打を記録、4度のゴールドグラブ賞

 オリックスは11日、ダイヤモンドバックスからFAとなっていたアダム・ジョーンズ外野手を獲得したと発表した。

 34歳のジョーンズは2003年にドラフト1巡目でマリナーズ入り。06年にメジャーデビューし、08年にオリオールズへ移籍。11年から7年連続で20本塁打以上を記録するなどメジャー14年間で通算1939安打(MLB現役9位)、282本塁打(MLB現役16位)をマーク。守備では4度のゴールドグラブ賞を受賞し、オールスター戦に5度選出されている。今季はダイヤモンドバックスでプレーし、137試合出場、打率.260、16本塁打、67打点を記録した。

 今季のオリックスはリーグワーストのチーム打率.242、チーム544得点と打撃が低迷。リーグ最下位に沈んだ。外国人選手では3年間で通算69本塁打を放ったステファン・ロメロ外野手を自由契約としていた。投手では山本由伸、山岡泰輔らが台頭。超大物メジャーリーガーを獲得し、来季は5年連続Bクラスからの低迷脱出を目指す。

(Full-Count編集部)