ユニフォームの着こなしの違いとは? 野球選手のパンツの種類(スタイル)解説

2020-01-14 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
ユニフォームの着こなしとして代表的な5パターン

ユニフォームの着こなしとして代表的な5パターン

 プロ野球選手のユニフォームの着こなしはさまざまだ。とりわけ、違いがわかりやすいのは彼らの足元。Twitterで「オールドスタイル」と画像検索すれば、それを愛するたくさんの野球ファンを見つけることができ、選手らの着こなしを楽しみにしている人の多さがわかるはずだ。そこで今回は、野球選手の足元の着こなしに焦点を当て、その違いを紹介していく。

ユニフォームの着方は大きくオールドスタイルとストレートスタイルに分けられる

 上の画像のうち、オールドスタイルとは左から2つを指し、ストレートスタイルは右から3つを指している。どちらもよく見られるありふれたスタイルだが、どのような違いがあるのか。

◆オールドスタイル

 まず、オールドスタイルとは、「膝より下の位置でストッキングとユニフォームの裾を折り込み、ストッキングを見せる履き方」を指し、以前はこのスタイルが主流だった。

 このオールドスタイルは、「膝下までストッキングを露出させる」ショートスタイルと、「ショートスタイルより10cm程、ストッキングが短い」レギュラースタイルに分類できる。

 オールドスタイルの選手は、パ・リーグで言うと北海道日本ハムの中島卓也選手、楽天の茂木栄五郎選手、千葉ロッテの荻野貴司選手、オリックスの福田周平選手などが代表的で、俊足を売りとする選手が愛用しているようだ。

◆ストレートスタイル

 1990年代から見られるようになったストレートスタイルは、「ユニフォームの裾をストッキングに折り込まず、外に出す履き方」を指す。

 ストレートスタイルも、「ユニフォームの裾部分をゴムで絞る」ロングスタイルと、「ユニフォームの裾を絞らない」正統派のストレートスタイル、「ユニホームの裾が、膝位置あたりから広くなっている」フレアスタイルに分類できる。

 ストレートスタイルを着用しているパ・リーグの主な選手は以下の通りだ。

【北海道日本ハムファイターズ】
秋吉亮投手、上沢直之投手投手、近藤健介選手、中田翔選手、西川遥輝選手
【東北楽天ゴールデンイーグルス】
辛島航投手、岸孝之投手、松井裕樹投手、辰己涼介選手、ブラッシュ選手
【埼玉西武ライオンズ】
高橋光成投手、多和田真三郎投手、増田達至投手、金子侑司選手、森友哉選手、山川穂高選手
【千葉ロッテマリーンズ】
有吉優樹投手、石川歩投手、種市篤暉投手、益田直也投手
【オリックス・バファローズ】
増井浩俊投手、山岡泰輔投手
【福岡ソフトバンクホークス】
千賀滉大投手、森唯斗投手、周東佑京選手、デスパイネ選手

2つのスタイルによる違いとは。選手が語るその理由

 こうしてみると、特に投手の中では、ストレートスタイルが人気なようだ。その理由を探るべく、桜美林大学で教鞭を執る若松健太氏が発足した草野球チーム「ジャンクベースボールクラブ」の選手ら29名にご協力いただき、アンケート調査を行った。

 すると、パ・リーグの選手の中ではストレートスタイルが圧倒的人気を誇るのに対し、「ジャンクベースボールクラブ」所属選手の半数以上である17名が、オールドスタイルを着用しているという意外な事実が判明した。

 さらに調査を進めると、多くの選手がオールドスタイルの選手について、「足が速そう。機敏そう」といった印象を持っている一方で、ストレートスタイルの選手に対して、「長距離打者が多い。足が長く見えるので体が大きく感じる」といった印象を持っていた。

 その理由としては、「ストレートスタイルより涼しい」「慣れているから」「俊足に見せて、相手を警戒させたい」といったことが挙げられたほか、オールドスタイルを着用したことがある選手のうち19人が、その動きやすさを評価しており、やはりこの機動力がオールドスタイルの大きな魅力と言えそうだ。

 ストレートスタイルを着用する選手からは、「怪我防止」「ストッキングの汚れ防止」といった実用性を評価した意見が聞かれたほか、「足が長く見える」「着こなしが楽」「プロ野球選手っぽい」などファッション性を評価する声も多く得られた。また、11人の選手が「オールドスタイルのゴムの締め付けが気になる」とも回答しており、これもストレートスタイルの人気を後押ししていると考えられる。

 今回の調査では、それぞれのユニフォームの着こなしごとに長所や短所があり、試合を有利に進めるための思惑を持って、ユニフォームの着こなしを選んでいる選手がいることもわかった。プロ・アマを問わず、日によって着こなしを変えている選手も多く確認できたころから、どちらの着こなしを選ぶかは、選手のその都度のフィーリング次第と言えそうだ。しかし、その着方に注目すれば、選手それぞれの個性も感じられ、より一層プロ野球を楽しめるのではないだろうか。ぜひ今後の野球観戦の参考にしてみてほしい。

取材協力・ジャンクベースボールクラブ
“野球”を通じて「人生を豊かにする」ことを目的とし、現在は関東草野球リーグ、その他トーナメント大会を中心に活動する草野球チーム。https://www.junk-bbc.com/

取材・文 今泉友香
イラスト 出内テツオ

関連リンク