楽天、茂木が今季のキャプテンに就任 球団発表「野球人生で初めて」

2020-01-20 16:03 「Full-Count」編集部
楽天・茂木栄五郎※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

楽天・茂木栄五郎※写真提供:Full-Count(写真:荒川祐史)

「今年は今まで以上に覚悟を持って、チームの優勝に貢献できるよう頑張ります」

 楽天は20日、今季のキャプテンに茂木栄五郎内野手が就任すると発表した。昨季は銀次内野手が務めていたが、三木肇新監督で臨む新シーズンは、若い茂木にチームを引っ張る役割を託すことになった。

 桐蔭学園、早大を経て2015年のドラフト3位で楽天に入団した茂木。1年目から117試合に出場した。昨季は自身最多の141試合に出場し、チームに不可欠な存在となっている。今季が5年目のシーズとなり、かつて鉄平(現1軍打撃コーチ)、松井稼頭央(現埼玉西武2軍監督)、嶋基宏(今季から東京ヤクルト)、銀次と受け継がれてきたキャプテンを引き継ぐことになった。

 茂木は球団を通じて「三木監督からキャプテンのお話をいただきました。正直びっくりしましたが、『イーグルスのためにも、茂木自身のためにもキャプテンをやって欲しい』と言っていただき、身の引き締まる思いです。これまでの野球人生でキャプテンをするのは初めてです。監督からは『今まで通りやってくれたらいい』と言っていただいているので、これからも自分のできることをしっかりやっていきたいと思います。今年は今まで以上に覚悟を持って、チームの優勝に貢献できるよう頑張ります」とコメントした。

(Full-Count編集部)