「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンの “日本一” は巨人に! 「SMBC e日本シリーズ」の模様をお届け!

2020-01-27 19:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
日本一に輝いた読売ジャイアンツ代表選手の4人と球団マスコットのジャビット

日本一に輝いた読売ジャイアンツ代表選手の4人と球団マスコットのジャビット

 1月25日、esports 銀座 studioにて「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンの頂点を決める「SMBC e日本シリーズ」が行われ、セ・リーグ代表の巨人とパ・リーグ代表の千葉ロッテが日本一をかけて戦った。当日は観覧席のチケットも完売、ユナイテッド・シネマ豊洲にてパブリックビューイングも実施された。

巨人代表選手(左から坂東栄憲選手、高川健選手、吉田友樹選手、舘野弘樹選手)

巨人代表選手(左から坂東栄憲選手、高川健選手、吉田友樹選手、舘野弘樹選手)

日本一をかけた試合。雪辱の巨人か、下克上の千葉ロッテか。

「SMBC e日本シリーズ」の試合は1人3イニング、計3人の9イニング制で、延長戦は決着がつくまでのタイブレーク式。2勝先取したチームが日本一となる。また、1試合のみ「レジェンドOB」として、強力なOB選手を使うことができる。

千葉ロッテ代表選手(左から柳虎士郎選手、町田和隆選手、清野敏稀選手、下山祐躍選手)

千葉ロッテ代表選手(左から柳虎士郎選手、町田和隆選手、清野敏稀選手、下山祐躍選手)

 第1試合は、早速両チームのレジェンドOBが登場。巨人は王貞治氏、千葉ロッテは井口資仁監督を起用した。4回裏、巨人のキャプテン・舘野弘樹選手が2ランを放ち先制。6回表に1点を返されたが、その直後に「王選手」のタイムリーが飛び出し流れを渡さない。OB選手の活躍もあった巨人がまず1勝を挙げた。

 第2試合も巨人が初回から先制する展開に。もう後がない千葉ロッテは8回裏、キャプテン・下山祐躍選手が意地の同点打を放ち、試合は延長戦へ。10回のコントローラを握ったのは舘野選手と下山選手。両軍の主将対決は舘野選手が無死満塁のチャンスをものにし3点の勝ち越し。巨人が延長戦の末、2戦目を制し日本一に輝いた。

 優勝した巨人の舘野選手は「全員の力で勝てたことが一番うれしかった。本当にこのチームで良かった」と現実では果たせなかった「日本一」に率直な喜びを語った。惜しくも敗戦となった千葉ロッテ・下山選手は悔しさをにじませながらも、「色んな人にマリーンズを使ってもらえる機会ができた」と昨季最下位からの「下克上」の手ごたえを口にした。

試合直後の優勝決定インタビューでは、千葉ロッテの町田選手と柳選手が涙を流していた

試合直後の優勝決定インタビューでは、千葉ロッテの町田選手と柳選手が涙を流していた

2年目を終えた「eBASEBALL プロリーグ」。新しい「野球」の形はこれからも進化する

 試合終了後、表彰式とクロージングセレモニーが行われ、巨人の4選手に賞状や優勝トロフィーなどが送られた。さらに、個人タイトルを獲得した選手の表彰もあり、2019年シーズン最も活躍した最優秀選手には巨人を日本一に導いたキャプテン・舘野弘樹選手が選ばれた。

 試合前とセレモニーの終わりにはリーグ公式テーマソングを手がけたベリーグッドマンによるライブも。「夢のまた夢」、「プレイヤー」の2曲を披露した。また、両軍のマスコットのジャビット、マーくん、SMBCのミドすけなどマスコットも応援に駆けつけ、会場を盛り上げた。

 表彰の後には日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーによるスピーチが行われ、3年目となる2020年シーズンの開催も発表された。それを聞いたプロプレイヤーの目も一段と真剣に。来シーズンに向けた戦いが始まった。

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンを戦った12球団48人の選手たち

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンを戦った12球団48人の選手たち

 こうして「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンが幕を閉じた。今シーズンは「レジェンドOB」の導入や「セ・パe交流戦」の開催、看板直撃賞の設置など新たな取り組みで一段と面白さを増し、動画配信では100万人を超える視聴者を動員した。

 解説に登場した「eBASEBALL プロリーグ」応援監督・真中満氏をはじめ、プロ野球OBの斉藤和巳氏、G.G.佐藤氏、岩村明憲氏は現実とe-sports、違いはあれど同じプロとして「eBASEBALL プロリーグ」のプロプレイヤーたちに賞賛の声を上げ、野球振興の新たな形としても期待を寄せていた。もうひとつの「プロ野球」は、これからさらに進化していくだろう。

権利表記
ⓒNippon Professional Baseball / ⓒKonami Digital Entertainment

文・写真 丹羽海凪

「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン チーム&個人タイトル一覧

<チームタイトル>
■SMBC e日本シリーズ チャンピオン

 読売ジャイアンツ
■セ・リーグ チャンピオン
 東京ヤクルトスワローズ
■パ・リーグ チャンピオン
 千葉ロッテマリーンズ
■セ・パe交流戦 チャンピオン
 千葉ロッテマリーンズ

<個人タイトル>
■首位打者

 セ:岸川虎太郎選手(阪神)
 パ:井上将旭選手(楽天)
■最多本塁打
 セ:舘野弘樹選手(巨人)
 パ:指宿聖也選手(オリックス)、緒方寛海選手(埼玉西武※2年連続2回目)
■最多打点
 セ:高良匡史選手(東京ヤクルト)、舘野弘樹選手(巨人)
 パ:緒方寛海選手(埼玉西武※2年連続2回目)
■最優秀防御率
 セ:大茂英寿選手(横浜DeNA)
 パ:下山祐躍選手(千葉ロッテ)、三輪貴史選手(楽天)
■最多奪三振
 セ:大茂英寿選手(横浜DeNA※2年連続2回目)
 パ:高田和博選手(楽天)
■BEST PRO LEAGUE PLAYER
※パワプロ技術を指標としたランキングで1位を獲得した選手
 指宿聖也選手(オリックス)
■最優秀選手
 舘野弘樹選手(巨人)

人気記事