2年目の古谷拓郎が先発、新人野手の起用も。千葉ロッテと楽天モンキーズの初戦

2020-02-07 19:45 「パ・リーグ インサイト」編集部
千葉ロッテマリーンズ・古谷拓郎投手(C)パーソル パ・リーグTV

千葉ロッテマリーンズ・古谷拓郎投手(C)パーソル パ・リーグTV

 2月8日の13時から千葉ロッテマリーンズと楽天モンキーズによる「アジアゲートウェイ交流戦パワーシリーズ2020in石垣島」が行われる。台湾のプロ野球チーム「楽天モンキーズ」との国際交流試合でアピールを重ね、チーム内競争で一歩リードするのはどの選手か。

 千葉ロッテは古谷拓郎投手の先発が予定されている。ドラフトで6位指名を受け、習志野高校からプロの門をたたいた昨季は、高卒ルーキーながら二軍公式戦で13試合に登板。防御率は5.04とまずまずの成績だったが、チーム2位タイの6勝をマークした。1年目から才能の片りんをのぞかせた注目株は、首脳陣の期待に応える投球を見せられるか。

 野手では佐藤都志也選手(2位)高部瑛斗選手(3位)福田光輝選手(5位)のルーキー3選手の起用を示唆。与えられたチャンスをものにして、一軍生き残りの切符を勝ち取れるだろうか。千葉ロッテファンだけでなく他球団ファンからも注目される一戦から目が離せない。

東海林諒平

◇春季キャンプ・練習試合・オープン戦の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

「千葉ロッテマリーンズ」の人気記事