エースナンバーを背負って立つ重み。背番号が若くなった種市篤暉、二木康太 それぞれの思いとは

2020-02-14 08:20 岩下雄太
写真:岩下雄太

写真:岩下雄太

 昨季まで背番号『63』を着けていた種市篤暉が『16』、昨季まで『64』だった二木康太が『18』に変更となった。60番台から10番台に変更となり、今季は期待の若手からチームの中心選手へとしての働きが求められる。

 千葉ロッテの背番号18は、伊良部秀輝、清水直行、涌井秀章とエースが着けていた番号で、背番号16も2005年新人王の久保康友、埼玉西武からFAで千葉ロッテに移籍したときに涌井が背負った番号だ。

「いつかは10番台を」。その夢が叶った種市

 入団会見でいつかは10番台の背番号を背負いたいと話していた種市は、今季から“16”を背負う。

「(背番号変更は)早いかなと思ったんですけど、心機一転、もっと頑張ろうという気持ちになれました。やっぱり、10番台はピッチャーの憧れだと思うので、言われたときは嬉しかったです」

 1月の自主トレやキャンプで、背番号16について、「結果を残さないといけない立場。まだ若いですが、ローテーションを守り、16番に恥じないピッチングをしないといけないなと思っています。(ユニフォーム姿を見た人からは)似合っている、似合っていない、いろいろなことを言われますが、背番号が変わったから何かが変わるわけではない。ただ僕としては、若い番号になったからにはたくさん勝たなければいけないと思っています。去年以上にプレッシャーを感じているので、練習でももっとうまくなろうという気持ちになっています」と自覚を口にした。

写真:岩下雄太

写真:岩下雄太

背番号変更は「球団にお願いして」

 二木は、日本球界ではエースナンバーと呼ばれる“18”に変更。143回1/3を投げ、規定投球回に到達した2017年も、球団から背番号変更の打診はなかった。「18というか、10番台を着けたいというのがすごく大きいです」と 以前から若い番号を背負うことを目標にしていたが、ついにそれが叶った。

 種市は背番号が16となり「結果を残さないといけない立場」、「去年以上にプレッシャーを感じている」と話していたが、二木はどう感じているのか。

「僕はそんなに変わらないというか、64でも頑張らないといけないというのは一緒ですし、18番だから勝たないといけないというのはない。やらないといけないという思いはありますけど、64だったとしても、やることは一緒かなと思います」と、背番号が変更となっても自分ができることをしっかりとやっていく。

 今季は楽天からFA加入した美馬学、昨年チームトップタイの8勝を挙げた石川歩とともに先発ローテーションの一角として活躍が期待される種市と二木。ドラ1右腕・佐々木朗希、古谷拓郎といった将来を嘱望される投手が多くいるなかで、彼ら2人が若手だけでなく先発陣全体を引っ張るような働きを見せてほしい。

種市篤暉、二木康太の関連記事