ルーキー勝俣翔貴がタイムリー、荒西祐大も完璧投球 18日のオリックス紅白戦

2020-02-18 17:07 「パ・リーグ インサイト」編集部

バファローズのルーキー・勝俣がセンター前タイムリーヒットを放つ!! 2020/2/18

 2月18日、SOKKENスタジアムで行われたオリックスの紅白戦は9対1で白組が勝利。7回、打者10人ずつ、榊原翼がチームをまたいで3イニングを連投するという特別ルールで行われた。

 紅組・田嶋大樹投手、白組・荒西祐大投手の先発ローテ入りを狙う両名と、紅組に入った4番DHアダム・ジョーンズ選手の実戦初打席が注目を集めた。

 前回13日の紅白戦登板時は、制球のばらつきが目立った白組の荒西投手は、この日は丁寧に直球、変化球をコースに投げ分けた。圧巻は、1回表に吉田正尚選手から見逃し三振を奪った内角高めギリギリの直球。3回を投げ被安打1、2四球の無失点でマウンドを降りた。

 対する田嶋投手は、ロドリゲス選手、モヤ選手、T-岡田選手に対して三振を奪うなど、強打者相手に強いボールを投げ込んでいたが、3回裏に遊失策も絡み2失点(自責0)で、K-鈴木投手にバトンタッチした。

 しかし、K-鈴木投手は変化球が外れ、ボール先行が続く苦しい投球内容に。ランナーをためて迎えた西村凌選手の詰まった当たりは、レフトの前に落ち2人生還。さらに、ロドリゲス選手、モヤ選手、安達了一選手もタイムリーを放ち、白組はこの回一挙6得点を奪った。K-鈴木投手は、2回を被安打6、3四死球の6失点だった。

 6回から代わった榊原翼投手も立ち上がりは制球定まらず、ルーキー勝俣翔貴選手にタイムリーを許した。榊原投手は3イニングを投げ、被安打2、2四球の1失点。白組は山崎福也投手が2回1失点。一時、満塁のピンチを招くも落ち着いて後続を打ち取りアピールした。
 
 打者では、モヤ選手が2つの二塁打で存在感を示した。注目のジョーンズ選手は、第一打席は遊失、第二打席は二直で、6回表にT-岡田が代打で送られた。

文・海老原 悠

キャンプ中継もパーソル パ・リーグ TVで
https://tv.pacificleague.jp/ptv/pc/

  1234567 計
紅 0001000 1
白 0020610 9

紅 田嶋大樹-K-鈴木-榊原翼
白 荒西祐大-山崎福也-榊原翼

人気連記事