福岡ソフトバンク東浜巨が実戦復帰へ オリックスは2年目中川圭太に注目

2020-02-22 18:20 「パ・リーグ インサイト」編集部
オリックス・中川圭太投手(C)パーソル パ・リーグTV

オリックス・中川圭太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 2月23日にSOKKENスタジアムでオリックス対福岡ソフトバンクのオープン戦が行われる。両チームともにオープン戦は今季初の対外試合となるこの一戦の注目選手を紹介する。

 オリックスの先発は荒西祐大投手だ。18日の紅白戦では、直球と変化球を丁寧に投げ分け、3回無失点の好投を見せた。開幕ローテーション入りに向けて、十分にアピールできるか。

 投手陣を援護し対外試合初戦で初勝利を挙げたいオリックス打線の注目は中川圭太選手だ。昨季は内野から外野まで多くのポジションをこなしてきたが今季は三塁を中心に練習を重ねている。対外試合でしっかりとアピールをし開幕スタメンの座をつかみ取りたい。

 対する福岡ソフトバンクの先発は昨季怪我に泣き、5月21日を最後に1軍での登板が無く終わった東浜巨投手だ。右腕の復帰は怪我人が続出している福岡ソフトバンクにとって明るいニュース。試合で結果を残し、開幕までに首脳陣へしっかりとアピールをしたいところだ。

 久しぶりの実戦登板の右腕を援護したい打線の注目は周東佑京選手。昨オフのプレミア12では代走のスペシャリストとしてその名を轟かせた鷹の韋駄天がスタメンを勝ち取るためには脚でのアピールだけでなく、打撃でも首脳陣へインパクトを残したい。

人気記事