北海道日本ハムが連敗で投打に課題。途中出場の今井順之助は適時打でアピール

2020-02-23 16:59 「パ・リーグ インサイト」編集部
北海道日本ハムファイターズ・今井順之助選手(C)パーソル パ・リーグTV

北海道日本ハムファイターズ・今井順之助選手(C)パーソル パ・リーグTV

 2月23日、沖縄タピックスタジアム名護で行われた北海道日本ハム対東京ヤクルトのオープン戦は、9対4で東京ヤクルトが勝利。北海道日本ハムは投打ともに振るわず、厳しい結果となった。

 北海道日本ハムは、先発のマルティネス投手が初回に2点を失うも、その裏1番・西川遥輝選手、2番・石井一成選手の連打で無死1,3塁の好機を作り、3番・ビヤヌエバ選手の併殺打の間に1点を返す。

 マルティネス投手は初回以降は落ち着いた投球を見せる場面もあり、2回途中3失点でマウンドを降りた。しかし、2番手で登板した西村天裕投手が東京ヤクルトの6番・吉田大成選手に3点適時三塁打を浴び、5対1とリードを広げられてしまう。

 打線は4回裏、先頭のビヤヌエバ選手がレフトフェンス直撃の二塁打で出塁すると、2死から、6番・王柏融選手が適時二塁打を放ち、2対5と追いすがる。ただ、3番手の生田目翼投手が1失点、4番手の秋吉亮投手が3失点を喫し、2対9とリードを広げられてしまう。

 5回以降はチャンスすら作れない状況が続いた北海道日本ハム打線。8回裏に敵失と今井順之助選手のタイムリーで2点を返し一矢報いるも、反撃はここまで。9回裏は3者凡退に倒れ、4対9で試合終了。

 敗れた北海道日本ハムは、投手陣が13安打9失点と崩れ、2回、9回を除く7イニングで得点圏に走者を背負う苦しい展開となった。そんな中、9回表に登板した石川直也投手は3者凡退に切って取り、守護神候補としてアピールした。打線は昨日を上回る4得点も、合計で15三振を喫するなど燕投手陣の前に機能しなかった。今井選手はタイムリーを放ち、途中出場ながら結果を残した。

  123456789 計
ヤ 203010300 9
日 100100020 4

ヤ ○スアレス-石山泰稚-マクガフ-清水昇-大西広樹-星知弥
日 ●マルティネス-西村天裕-生田目翼-秋吉亮-公文克彦-石川直也

文・岩井惇

◇春季キャンプ・練習試合・オープン戦の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

北海道日本ハムの人気記事