投打に活気なく北海道日本ハムがオープン戦3連敗。初登板の吉田輝星は1回0封

2020-02-24 15:57 「パ・リーグ インサイト」編集部
北海道日本ハムファイターズ・吉田輝星投手(C)パーソル パ・リーグTV

北海道日本ハムファイターズ・吉田輝星投手(C)パーソル パ・リーグTV

 2月24日、沖縄タピックスタジアム名護で行われた北海道日本ハムと横浜DeNAのオープン戦は、5対2で横浜DeNAが勝利。敗れた北海道日本ハムは、オープン戦3連敗スタートとなった。

 北海道日本ハムは初回、先発のロドリゲス投手が3者凡退に抑える順調な仕上がりを見せると、2回表から新加入のバーヘイゲン投手にスイッチ。バーヘイゲン投手は、立ち上がりに2者連続で四球を与えるも、横尾俊建選手の好守にも助けられ、2回表を無失点で切り抜ける。しかし、つづく3回表も制球に苦しみ、1安打2四球で満塁のピンチを迎えると、ここで横浜DeNAの4番・佐野恵太選手に2点適時二塁打を浴び、0対2と先制点を許してしまう。

 打線は、横浜DeNAの先発・今永昇太投手に対し、3回まで走者を出すものの得点を挙げられない展開に。それでも4回裏、先頭の2番・渡邉諒選手が三塁打でチャンスメイクすると、4番の中田翔選手が犠飛を放ち、1点を返した。

 北海道日本ハムは4回表から斎藤佑樹投手をマウンドへ送ったが、5回表にオースティン選手の3号ソロで1失点、6回表には伊藤光選手の犠飛と暴投で2点を失い、スコアは1対5に。

 7回表からは4番手の井口和朋投手、5番手の鈴木健矢投手が無失点でつなぐと、9回表には、注目の吉田輝星投手がオープン戦初登板。先頭の知野直人選手に四球を許すも、柴田竜拓選手を併殺打に打ち取ると、乙坂智選手に対してはストレートで空振りを奪う場面も。結局3人で抑え、今季の飛躍が期待できる投球を見せた。

 援護したい打線は7回裏、中田選手の二塁打から好機を作ると、途中出場の谷内亮太選手の適時打で1点を返すも、反撃はここまで。8回から2イニング連続で3者凡退に終わるなど、最後まで攻撃のリズムをつかめず、2対5で試合終了。

 横浜DeNAに惜敗した北海道日本ハム。投手陣では、ロドリゲス投手が1回を完全投球で開幕ローテーション入りに前進。また、変則右腕のドラ4ルーキー・鈴木健矢投手が3者凡退、吉田輝星投手は1回を1四球無失点でアピールした。一方の打線は、6安打2得点で攻撃の流れをつかめず。そんな中、渡邉諒選手が三塁打を含む2安打を放ち、好調ぶりを示した。

  123456789 計
デ 002012000 5
日 000100100 2

デ ○今永昇太-山崎康晃-国吉佑樹-武藤祐太-笠井崇正-S三嶋一輝
日 ロドリゲス-●バーヘイゲン-斎藤佑樹-井口和朋-鈴木健矢-吉田輝星 

文・岩井惇

◇春季キャンプ・練習試合・オープン戦の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

北海道日本ハムファイターズの人気記事