開幕投手決定翌日の則本昂大は3回1失点も…… 打線がつながらず楽天が敗戦

2020-02-24 16:06 「パ・リーグ インサイト」編集部
東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV

東北楽天ゴールデンイーグルス・則本昂大投手(C)パーソル パ・リーグTV

 2月24日、北谷公園野球場で行われた中日と楽天のオープン戦は、5対3で中日が勝利。楽天は投手陣で新戦力が次々と登板しながらも、打線が中盤以降に反撃できず。そのデビューを勝利で後押しとはならなかった。

 楽天の先発・則本昂大投手は、昨日に自身6度目となる開幕投手が決定してのマウンドとなった。3回裏、先頭の根尾昂選手に安打を浴び、自身の失策も絡んで1,3塁とすると、福田永将選手の犠飛で1失点。しかしながら、スライダー、カットボール、チェンジアップなどの変化球を低めに集める丁寧な投球で、中日打線に的を絞らせず。3回2安打1失点でマウンドを降りた。

 一方の打線は、中日の先発・小笠原慎之介投手の前に3イニング連続で走者を出しながらも無得点と歯がゆい攻撃が続いた。しかし、4回表に先頭の内田靖人選手が左翼線への二塁打で出塁すると、1死から9番・オコエ瑠偉選手、1番・山崎幹史選手の連続適時打で逆転に成功。なおも1死満塁から浅村栄斗選手の犠飛でさらに1点を加え、リードを2点に広げた。

 則本投手に代わり、4回からマウンドに上がったのは新外国人のシャギワ投手だ。持ち味のスライダーとクセのある直球のコンビネーションを見せたが、味方の守備の乱れで2点を失い、同点に追いつかれてしまう。続く3番手にはブセニッツ投手が登板。こちらは直球と見分けのつかない高速カットボールを軸に、1イニングをわずか7球で抑えた。

 6回裏に瀧中瞭太投手、続く7回裏に津留崎大成投手と、2イニング連続でルーキーがオープン戦初登板。瀧中投手は直球とカットボールを交えながら、1安打無失点の好投。その一方で、津留埼投手は1死満塁からシエラ選手に勝ち越し適時打、続く石橋康太選手に犠飛を許すほろ苦いデビューとなった。さらに、8回裏には千葉ロッテから移籍の新戦力・酒居知史投手が登板し、新戦力が次々と登板する形に。1死1,2塁と得点圏に走者を背負ったものの、後続を断って無失点で切り抜けた。

 反撃に出たい打線だったが、5回以降はわずかに1安打と抑え込まれる苦しい展開に。9回表も3人が打ち取られ、試合終了。試合は中日が中盤に逆転に成功し、5対3で勝利した。

  123456789 計
楽 000300000 3
中 00120020Ⅹ 5

楽 則本昂大-シャギワ-ブセニッツ-瀧中瞭太-●津留崎大成-酒居知史
中 小笠原慎之介-山本拓実-○鈴木博志-ゴンサレス-S木下雄介

文・吉田貴

◇春季キャンプ・練習試合・オープン戦の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

東北楽天ゴールデンイーグルスの人気記事