埼玉西武・松坂が195日ぶり実戦登板 2ラン被弾で1回2失点、MAXは141キロ

2020-02-25 13:40 「Full-Count」編集部
先発した埼玉西武・松坂大輔※写真提供:Full-Count(写真:宮脇広久)

先発した埼玉西武・松坂大輔※写真提供:Full-Count(写真:宮脇広久)

195日ぶりの実戦マウンドは1回3安打2失点、奪三振は無かった

 埼玉西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手が25日の韓国・斗山ベアーズとの練習試合(サンマリン宮崎)に先発。中日に在籍した2019年8月14日ウエスタンリーグの福岡ソフトバンク戦以来195日ぶりの実戦マウンドで、1回3安打2失点。奪三振はなし。MAXは141キロだった。

 先頭のパク・ゴンウ(右打者)は二ゴロに仕留めたが、2番ジョン・スビン(左打者)に右中間を破る三塁打を許し、3番オ・ジェイル(左打者)に初球の139キロを右翼席中段に放り込まれた。

 4番キム・ジェファン(左打者)は左飛。5番チェ・ジュハン(左打者)に中前打されたが、6番キム・ジェホ(右打者)は右飛。松坂はこの回だけで降板した。

 昨年、右肩を痛めて1軍登板わずか2試合に終わったが、古巣に復帰した今季は予想をはるかに超えるハイピッチの調整ぶりで、登板前、西口投手コーチは「順調。内容はそこまで重視しない。打者に対してどこまで投げられるか。開幕(先発ローテ)に行くつもりでいってほしいし、本人もそれくらいの気持ちでやっていると思う」と話していた。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)