「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンの関連資料を野球殿堂博物館に寄贈

2020-02-27 14:19 「パ・リーグ インサイト」編集部
読売ジャイアンツのキャプテン・舘野弘樹選手

読売ジャイアンツのキャプテン・舘野弘樹選手

 一般社団法人日本野球機構とコナミデジタルエンタテインメント株式会社は2月26日、公益財団法人野球殿堂博物館にて、「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン関連資料の寄贈式を行った。

 2019年11月3日から2020年1月25日にわたって開催された「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン。「esports 銀座 studio」で開催され、「ユナイテッド・シネマ豊洲」でパブリックビューイングも行われた「SMBC e日本シリーズ」では、読売ジャイアンツがパ・リーグ1位の千葉ロッテマリーンズを2連勝で下し、セ・リーグ2位からの下克上を果たした。

 寄贈式には、打率.317、15本塁打25打点、防御率3.00の好成績を残し最優秀選手に選出された読売ジャイアンツのキャプテン・舘野弘樹選手が出席し、自身が使用していた「PlayStation®4用コントローラー」を寄贈。幼少期に同博物館に訪れたことがあるという舘野選手は、「偉大な野球選手の方々の資料とともに、『eBASEBALL プロリーグ』の資料を展示していただけることは大変光栄です」と喜びを語った。

 また、NPBの高田浩一郎総合企画室室長からユニフォームを、コナミデジタルエンタテインメントの小林康治執行役員 「実況パワフルプロ野球」シリーズ制作本部長からは選手のサイン色紙を寄贈した。

 同博物館の庄司正信館長は、「昨年寄贈いただいた2018シーズンの資料を1年間展示し、若いファンを中心に熱心に資料を見ている姿が多かったことから、『eBASEBALL プロリーグ』の人気を感じています。今後もますます『eBASEBALL プロリーグ』が発展できますよう、当館も協力させていただきます」とコメント。関係資料は約1年間博物館で展示される予定だ。

以下、寄贈された関係資料
・PlayStation®4用コントローラー(舘野選手使用)
・サイン入りユニフォーム(「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズン SMBC e日本シリーズ優勝の読売ジャイアンツ、パ・リーグ優勝の千葉ロッテマリーンズ、セ・リーグ優勝の東京ヤクルトスワローズ)
・「SMBC e日本シリーズ」の優勝決定後の選手集合写真
・プロプレイヤー全48選手のサイン色紙
・プロプレイヤー全48選手の選手カード
・ネーミングライツ試合のユニフォームタグ(「ローソン eオープニングシリーズ」 、
「コカ・コーラ eクライマックスシリーズ」、「SMBC e日本シリーズ」)

小林本部長(中央右)は、「もう一つのプロ野球をテーマに、一人でも多くの方が「eBASEBALL プロリーグ」を通じて、野球ファンになっていただくきっかけを作っていけたら」と語った。

小林本部長(中央右)は、「もう一つのプロ野球をテーマに、一人でも多くの方が「eBASEBALL プロリーグ」を通じて、野球ファンになっていただくきっかけを作っていけたら」と語った。

「eBASEBALL プロリーグ」人気記事