平井克典~パ・リーグ新記録の81試合登板を数えた鉄腕~(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】

2020-02-28 18:52 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》L平井克典 タフネス右腕に感謝の気持ちを伝えたい(C)パーソル パ・リーグTV

平井克典(ひらい・かつのり)/投手

#25/1991年12月20日生まれ
180cm・86kg/右投右打


 静岡・飛龍高校、愛知産業大学、Honda鈴鹿を経て、2016年ドラフト5位でプロ入り。サイドスローから繰り出す鋭く曲がるスライダーを軸に、力のある速球やカットボール、シュート等を交える投球スタイル。通算187試合、180.1回で162奪三振を記録しており、その奪三振能力の高さも特徴のひとつだ。

 ルーキーイヤーとなった2017年から主にビハインドの試合を引き締める中継ぎとして一軍に定着し、42試合で2勝0敗4ホールド、防御率2.40と与えられた役割を全う。チームの2位躍進にも貢献し、オフには「侍ジャパン」のメンバーにも選ばれた。さらなる飛躍が期待された翌2018年には開幕からセットアッパーとして起用されたが、5月の月間防御率5.40、6月は同10.38と絶不調に陥り、二軍での再調整を余儀なくされる。

 しかし、7月に一軍に復帰してからは安定感を取り戻し、7月から9月までの月間防御率はそれぞれ1.23、1.46、2.25と勝負所の終盤戦に大活躍。最終的には64試合で21ホールド、防御率も3.40と自らの役割を果たして、福岡ソフトバンクとの熾烈なマッチレースを制してのリーグ優勝にも大きく貢献した。

 2019年は開幕からイニング跨ぎも厭わずに大車輪の活躍を見せ、パ・リーグ新記録となる81試合登板を達成。5勝4敗36ホールド、防御率3.50の成績を残し、パ・リーグ連覇の立役者となった。2020年もブルペンリーダーとしてフル回転し、チームをリーグ3連覇、そして悲願の日本一へ導きたい。

《THE FEATURE PLAYER》数字以上の貢献度!! L平井克典のヤバめなスライダーまとめ(C)パーソル パ・リーグTV

平井投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

変則右腕のオールドルーキー。平井投手が埼玉西武のブルペンを静かに支える
 大学・社会人を経て25歳でプロ入りした平井投手は、即戦力としての期待に応えて1年目から活躍を見せる。そして、当時の勝ちパターンを担っていた牧田和久投手とブライアン・シュリッター投手が抜けた今、平井投手はより重要な役回りを任されるようになっている。

埼玉西武平井が「夢先生」で小学生に“日本一”誓う 「日本で1番になりたい」
「こころのプロジェクト『夢の教室』」という企画で、愛知県の小学校にて「夢先生」として授業を行った平井投手。子どもたちには自らの経験を基にしたアドバイスを贈り、誕生日を間近に控えた“平井先生”に生徒からサプライズも。授業を終えた平井投手は、充実感をうかがわせる前向きなコメントを残していた。

埼玉西武・増田選手はお肉大好き! 苦手なものは「魚、野菜、あと……」
 今季から埼玉西武の選手会長補佐を務める平井投手は、春季キャンプ期間中に選手会長の増田達至投手と対談を行った。キャンプでの取り組みや会長補佐就任時のやり取り、好きな食べ物といった話題についてのトークが繰り広げられている。

文・望月遼太