大竹耕太郎~育成出身の技巧派左腕。クレバーな投球術に酔いしれる~(福岡ソフトバンクホークス)【インサイト的選手名鑑】

2020-03-01 19:33 「パ・リーグ インサイト」編集部

ホークス・大竹耕太郎 7回無失点の好投で念願の今季初勝利(C)パーソル パ・リーグTV

大竹耕太郎(おおたけ・こうたろう)/投手

#10/1995年6月29日生まれ
184cm・79kg/左投左打


 熊本・済々黌高校から早稲田大学を経て、2017年育成ドラフト4位で福岡ソフトバンクに入団。高校時代は、エースとして2度の甲子園経験がある。大学進学後は、1年秋から4勝を挙げ、存在感を見せると、2年次にはエースに定着。春には防御率0.89で4勝かつ3完投の活躍を見せ、六大学リーグで春秋連覇。さらに2015年の全日本大学野球選手権の優勝にも貢献し、充実の1年となった。一時スランプに陥るも、4年秋に3季ぶりの勝利から復活のきっかけをつかみ、プロの世界へと羽ばたいた。

 彼の投球スタイルには、「技巧派」という言葉がピッタリ。出どころの見づらいフォームは打者にとって嫌らしく、制球力は抜群。ストレートの球速は140km/h前後も、スライダーやカーブ、チェンジアップなどを自由自在に操り、ゴロやフライで打ち取る巧みな投球術が持ち味だ。育成選手として入団した2018年だったが、二軍で好投を続け、8勝負けなし、防御率1.87の好成績を残し、ウエスタン・リーグ最多勝と、6月度の「スカパー!ファーム月間MVP」を受賞した。シーズン中の7月下旬に支配下登録を勝ち取ると、背番号は「133」から「10」に変更された。8月にはプロ初登板・初先発を8回2失点の白星デビューで飾った。その後も先発ローテーションの一角を担うと、3勝2敗、防御率3.88の数字を残した。ポストシーズンでは、中継ぎとしてCS、日本シリーズでも経験を積んだ。

 さらなる飛躍を期待された2019年は、オープン戦からアピールを続け、開幕ローテーション入りを果たす。シーズンに入ってからも快投の連続で、4月25日に初勝利。5月中旬まで防御率1点台をキープし、シーズン序盤の鷹先発陣を支えた。それでも、打線の援護は少なく、不運にもなかなか白星に恵まれない日々が続く。すると、徐々に調子を崩し、8月2日に二軍に降格し、以降一軍での登板はなくシーズンを終えた。最終的には17試合に先発し、5勝4敗、防御率3.82の成績だったが、大事な夏場にチームに貢献できず、悔しさが残る1年となった。

 2020年はプロ3年目を迎える大竹投手。豊富な選手層を誇るホークス投手陣の中でも、貴重な技巧派左腕として、1年を通した活躍が待望される。課題は被安打数の多さだ。2019年は、106回を投げて被安打111と、イニングを上回る数字が目につく。どのように減らしていくのか。頭脳派な彼には、この問題を解決する方程式だって解くことができるはずだ。

大竹投手をもっとよく知るために。パ・リーグインサイトの過去の記事

【福岡ソフトバンクホークス2019】チーム防御率はリーグ1位。球界屈指の「勝利の方程式」を築いた投手陣を振り返る
 福岡ソフトバンクのシーズンレビュー記事。特集動画「シーズンレビュー2019」で試合を振り返り、記事では選手にフォーカスして2019シーズンを振り返っている。

文・岩井淳