小田裕也、頓宮裕真、勝俣翔貴が本塁打! 投打がかみ合ったオリックスが勝利

2020-03-03 20:39 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/3 バファローズ対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月3日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと千葉ロッテのオープン戦は、6対2でオリックスが勝利。3本塁打含む10安打で6得点を挙げ、投手陣も2回以降は得点を許さなかった。

 千葉ロッテは初回、先頭の福田秀平選手が右安打で出塁すると、すかさず盗塁を決め手得点圏へ。2番・角中勝也選手も中安打で続き無死1,3塁とすると、続くマーティン選手の適時打で先制。なおも1死1,3塁の場面で敵失策の間に1点を追加し、オリックス先発の山本由伸投手から2点を先取した。

 追うオリックスは2回裏、小田裕也選手の1号ソロで千葉ロッテ先発の石川歩投手から1点を返すと、3回裏には吉田正尚選手、T-岡田選手に適時打が生まれ、3対2と試合をひっくり返す。

 4回裏にも内野ゴロの間に得点を挙げたオリックス。援護を受けた山本投手は2回以降立ち直り、5回まで追加点を許さず、試合は4対2のオリックス2点リードで折り返した。

 オリックスは6回表をディクソン投手、7回表を増井浩俊投手、8回表を比嘉幹貴投手と、盤石の継投で得点を与えず。打線も7回裏に代打・頓宮裕真選手のソロ、8回裏にはドラフト5位ルーキー・勝俣翔貴選手にもソロが生まれ、2点を追加すると、9回表は左澤優投手が2四球を与えながらも無失点で締め、6対2で試合終了。

 勝利したオリックスは、先発した山本投手が5回4安打6奪三振2失点の力投。後を受けたリリーフ陣は得点を許さない完璧なリレーを披露した。打線も吉田正選手、T-岡田選手がマルチ安打を記録するなど、10安打6得点と力強く援護した。

 敗れた千葉ロッテは、先発の石川投手が4回6安打1四球4失点(自責3)と、苦しい内容に。打線は初回に幸先よく2点を挙げたが、以降はつながらず、計10三振と的を絞れなかった。

  123456789 計
ロ 200000000 2
オ 01210011x 6

ロ ●石川歩-東妻勇輔-田中靖洋-南昌輝-石崎剛
オ ○山本由伸-ディクソン-増井浩俊-比嘉幹貴-左澤優

文・東海林諒平

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事