渡邉諒、宇佐見真吾、石井一成の下位打線が躍動。巨人との乱打戦は引き分けに

2020-03-04 21:46 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/4 ファイターズ対ジャイアンツ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月4日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと巨人のオープン戦は、7対7で引き分けに。両軍が2桁安打を記録する打撃戦となった。

 北海道日本ハム先発のバーヘイゲン投手は2回表、大城卓三選手に先制2ランを許すと、5回表には安打と四球で1,2塁のピンチを背負い、2死を取ったところで降板。後を託された生田目翼投手は、制球が定まらず四球で満塁とすると、岡本和真選手、亀井善行選手に連続で2点適時打を浴び、炎上。

 結果的にバーヘイゲン投手は4.2回4失点、生田目投手は0.1回2失点と、課題の残る内容に。6回表から登板した3番手の金子弌大投手も4安打で1点を失い、計7失点と苦しい試合展開となった。

 一方の打線は3回裏に石井一成選手の適時三塁打、5回裏に宇佐見真吾選手の適時打で2点を挙げると、6回裏に打線が爆発。巨人2番手の桜井俊貴投手から2四球と安打で満塁とし、渡邉諒選手の2点適時打、宇佐見選手の2点適時三塁打、石井選手の適時打でこの回一挙5得点。3連続適時打で試合を振り出しに戻した。

 続投した金子投手が7回表を無失点でつなぐと、8回表は4番手・西村天裕投手が危なげない投球を披露。9回表に登板した宮西尚生投手は、得点圏に走者を背負いながらも本塁は踏ませず。応えたい打線は9回裏、1死から代打・王柏融選手、樋口龍之介選手の連打で1死1,3塁の好機を演出するも後続が倒れ、7対7で試合終了。

 北海道日本ハムは、先発したバーヘイゲン投手、火消しを期待された生田目投手の2投手が計6失点と崩れたが、6回表から登板した3投手は1失点リレーと好投した。打線では、渡邉選手、宇佐見選手、石井選手の下位打線で7打点を稼ぐなど、計13安打を放った。

  123456789 計
巨 020041000 7
日 001015000 7

巨 田口麗斗-桜井俊貴-高木京介
日 バーヘイゲン-生田目翼-金子弌大-西村天裕

文・東海林諒平

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事