【試合戦評】埼玉西武・岸投手の好投に阻まれ敗戦。北海道日本ハムの優勝は明日以降に持ち越し

2016-09-27 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

北海道日本ハムのマジックは「1」。今日の試合で北海道日本ハムが勝利、もしくはQVCマリンの試合で福岡ソフトバンクが敗戦となれば、待ちに待った4年ぶりのリーグ制覇となる。対する埼玉西武は、1ゲーム差で迫る5位・楽天の追撃を振り切り、4位を死守するためにも、残り2試合はいずれも負けられない。

本拠地で今季最後の2戦を迎える埼玉西武は初回、先頭の秋山選手が死球で出塁し、続く2番・外崎選手が内角低めの直球を迷いなく振り抜く2号2ラン。「今日も全力でいきました。 先制できて良かったです」という若獅子の2試合連続弾で幸先良く先制点を奪う。

初回からいきなりの援護を得た埼玉西武先発・岸投手は、初回から全力投球。150キロ近い速球に加え、ホームベース手前で急激にブレーキがかかるカーブで相手打線を翻弄。4回まで無安打に抑え、許した走者は味方の失策による1人のみという素晴らしい投球を披露する。

岸投手は5回1死から北海道日本ハム・岡選手に初安打を許すも、動じずに連続三振。無失点で切り抜けると、その裏の攻撃で女房役・炭谷選手が今季1号ソロ。10球目の高めの直球を見逃さずに振り抜く一撃で、岸投手に3点目をプレゼントする。

自らの勝利で優勝を決めたい北海道日本ハムは7回表。先頭の田中賢選手が四球で出塁し、2死となった場面で明日の予告先発・大谷選手が代打で出場。球場内が大歓声に包まれると、岸投手の初球を果敢にはじき返し、二塁打を放って好機を迎える。しかし、流れが変わりかねないこの場面で岸投手が立ちはだかり、146キロの直球で見逃し三振。無得点で攻撃を終える。

その後、8回からの2イニングスは牧田投手、増田投手の継投で逃げ切った埼玉西武がエースの作った流れを守り抜き、本拠地で意地を見せる形となった。

相手エースに阻まれ、さらに福岡ソフトバンクも勝利したため、北海道日本ハムのマジックは1のまま。今日の胴上げはならなかったが、明日は大谷選手が先発。自身3年連続の2桁勝利をつかむとともに、パ・リーグの頂点奪取なるか。