鈴木大地が一発含む猛打賞の大活躍! 投打が噛み合い楽天が5連勝

2020-03-07 16:40 「パ・リーグ インサイト」編集部
楽天・鈴木大地選手【撮影:菊地綾子】

楽天・鈴木大地選手【撮影:菊地綾子】

 3月7日、静岡草薙球場で行われた楽天と中日のオープン戦は、7対1で楽天が快勝。辰己涼介選手がオープン戦初のマルチ安打、鈴木大地選手が1号2ランを含む猛打賞と活躍し、救援陣も好投。投打が噛み合い、連勝を5に伸ばした。

 楽天の先発は、オープン戦3試合目の登板となった松井裕樹投手。1回表、1死三塁のピンチを招いた松井投手だったが、続く3番・福田永将選手を投ゴロに打ち取り、2死とする。しかし、4番・ビシエド選手の打球が右手首に直撃し、その間に3塁走者が生還。松井投手は大事を取って降板し、2番手・西口直人投手がマウンドに上がった。

 先制を許した楽天だったが、すぐさま反撃に出る。1回裏、2死から3番・島内宏明選手が四球で出塁すると、4番・浅村栄斗選手の適時二塁打で同点とする。さらに、続く5番・鈴木大地選手が右翼席に飛び込む1号2ランを放つ。「打ったのはストレートです。全部打つつもりでいきました。ホームランはたまたまです。調子に乗らずにやっていきます」と語る鈴木選手の一発で、楽天が3対1と逆転に成功した。

 リードを握った楽天は3回裏、四球と安打から2死1,3塁とすると、7番・内田靖人選手が左翼席に本塁打を運び、3点を追加する。さらに4回裏、1死から1番・辰己涼介選手が四球と盗塁で2塁へ進むと、2番・山崎幹史選手の適時打で生還を果たし、7対1と楽天が大きくリードを広げた。

 援護を受けた投手陣は、初回からマウンドに上がった2番手・西口投手が4回表までを無失点に抑えると、3番手・寺岡寛治投手は2イニングを投げて被安打0、3奪三振と好投。6回まで中日打線に追加点を与えず、7対1と楽天がリードしたまま、試合は終盤へと進む。

 7回表を宋豪家投手、8回表をブセニッツ投手が無失点に抑えると、9回表は6番手・シャギワ投手がマウンドに上がる。2つの四球で2死1,2塁のピンチを招いたものの、最後は2番・高橋周平選手を中飛に仕留めて試合終了。楽天が7対1で勝利を収めた。

 楽天は先発・松井投手にアクシデントがあったものの、後を受けた救援陣が奮闘。5投手のリレーで中日打線を封じると、打線も10安打7得点と活気づき、オープン戦の連勝を5に伸ばした。
 

  123456789 計
中 100000000 0
楽 30310000X 1

ビ ●大野雄大-福敬登-祖父江大輔-ゴンザレス-岡田俊哉
ホ 松井裕樹-○西口直人-寺岡寛治-宋家豪-ブセニッツ-シャギワ

文・成田康史

試合関連記事