T-岡田の逆転打も先発・荒西祐大が踏ん張り切れず。巨人との一戦は引き分け

2020-03-07 17:23 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/7 バファローズ対ジャイアンツ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月7日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと巨人のオープン戦は、4対4で引き分け。3回裏に吉田正尚選手、T-岡田選手の適時打で逆転したものの、先発・荒西祐大投手が6回途中4失点とリードを守れず。終盤は救援陣の奮闘もあり、巨人打線に勝ち越しを許さなかった。

 オリックスの先発・荒西祐大投手は、2回まで巨人打線を無失点に抑える。しかし3回表、2死から四球で出塁を許すと、3番・丸佳浩選手に2ランを浴び、2点の先制を許してしまう。

 直後の3回裏、オリックスは1死から1番・宜保翔選手の四球、2番・大城滉二選手の中前打で1死1,2塁とする。この好機に3番・吉田正尚選手の適時打で1点を返すと、2死満塁となってから6番・T- 岡田選手の打球が一塁手のグラブをはじいて適時打となり、2人の走者が生還。巨人の先発・サンチェス投手から一挙に3点を挙げ、逆転に成功した。

 4回裏にも2番・大城選手の適時打で、オリックスがスコアを4対2とする。しかし、荒西投手が、直後の5回表に4番・岡本和真選手の適時打で1点を失うと、続く6回表にも亀井善行選手に適時打を浴びて試合は振り出しに戻る。なおも2死1,3塁とピンチが続いたものの、代わった2番手・漆原大晟投手がしのいで勝ち越しは許さず。4対4と同点のまま、試合は終盤へと進んでいった。

 オリックスは7回表を澤田圭佑投手、8回をヒギンス投手がそれぞれ無失点に抑えて、巨人打線を寄せ付けず。一方、打線も巨人投手陣の前に5回以降得点を挙げることができないまま7回、8回と両チーム無得点で、試合は最終回の攻防に入った。

 9回表、5番手・ディクソン投手が巨人打線を7球で無失点に封じて流れを引き寄せると、直後の攻撃で1番・宜保選手が右翼線へ二塁打を放ち、相手失策もあって無死3塁の好機を作る。しかし、2番・福田周平選手、3番・宗佑磨選手が申告敬遠を受け満塁となると、モヤ選手が三邪飛、続く勝俣翔貴選手が併殺に倒れて試合終了。好機を生かすことができず、4対4の引き分けに終わった。

 序盤に吉田正選手らの適時打で逆転に成功したオリックスだったが、先発・荒西投手がリードを守ることができず。救援陣が終盤3イニングを無失点と好投したものの、5回以降打線が沈黙し、昨日に続いて連勝とはならなかった。

  123456789 計
巨 002011000 4
オ 003100000 4

巨 サンチェス-沼田翔平-澤村拓一-古川侑利-鍵谷陽平-高木京介
オ 荒西祐大-漆原大晟-澤田圭佑-ヒギンス-ディクソン

文・成田康史

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事