マルティネスが6回1失点の好投。投打かみ合った北海道日本ハムがオリックスに勝利

2020-03-08 16:25 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/8 バファローズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月8日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムのオープン戦は、3対1で北海道日本ハムが勝利。序盤にリードを得ると、順当な試合運びで逃げ切り、オープン戦の戦績を5勝4敗1分とした。

 北海道日本ハムは2回表、横尾俊建選手の1号ソロで先制点を挙げると、4回表には谷内亮太選手の適時二塁打、5回表にも王柏融選手に適時二塁打が生まれ、3点を先取した。

 打線の援護を受けた北海道日本ハム先発のマルティネス投手は、6回裏に吉田正尚選手の適時二塁打で1点を失ったが、6回を77球4安打5奪三振1失点にまとめる好投を披露。開幕ローテーション入りに向け、万全な状態を見せた。

 7回裏を鈴木健矢投手、公文克彦投手の小刻みな投球で無失点に抑えると、8回裏は回またぎでマウンドに上がった公文投手が1死2,3塁のピンチを招きながらも得点は許さず。9回裏は、育成ドラフト3位ルーキーの長谷川凌汰投手が危なげなく締め、3対1で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、先発のマルティネス投手が好投を見せると、後を託されたリリーフ陣も要所を締める投球で逃げ切った。打線では横尾選手、谷内選手が2安打をマークするなど9安打3得点を挙げ、連勝を飾った。

 敗れたオリックスは、先発した田嶋大樹投手が4回6安打2失点、2番手の山田修義投手が1回1安打1失点(自責点0)の投球内容に。6回以降に登板した4投手は無失点でつなぐ好リリーフを見せた。打線では吉田正選手に適時打が生まれたが、再三の好機を生かしきれず。9安打を放ちながらも1得点に終わった。

  123456789 計
日 010110000 3
オ 000001000 1

日 ○マルティネス-鈴木健矢-公文克彦-S長谷川凌汰
オ ●田嶋大樹-山田修義-漆原大晟-増井浩俊-ヒギンス-海田智行

文・東海林諒平

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事