山本由伸&頓宮裕真バッテリーが活躍! 中川圭太も3打点でオリックスが勝利

2020-03-10 15:33 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/10 バファローズ対ドラゴンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月10日、京セラドーム大阪にて行われたオリックス対中日のオープン戦は、5対1でオリックスが勝利を飾った。先発・山本由伸投手は6回1失点の好投。女房役の頓宮裕真選手が決勝打と、バッテリーがそろって活躍した。

 試合が動いたのは2回裏。中日の先発・岡野祐一郎投手からオープン戦初打席となった新外国人・ロドリゲス選手が二塁打で出塁すると、敵失策も絡み1死2,3塁の好機を得る。ここで8番・頓宮裕真選手が三遊間を破る2点適時打を放ち、オリックスが2点を先行した。

 早めの援護をもらったオリックス先発の山本由伸投手は、5回まで中日打線を1安打に封じる投球。すると5回裏、頓宮選手が四球を選び、すかさず9番・安達了一選手が犠打で送る。2死3塁から、2番・中川圭太選手が適時打で1点を加え3対0に。

 山本投手は直後の6回表に連打で1点を返されるも、後続は断ち切り6回3安打1失点でマウンドを降りた。7回表には澤田圭佑投手が登板し3者凡退で終えると、7回裏2死2,3塁から中川選手が2打席連続となる2点適時三塁打を放ち、リードを4点に広げた。

 8回表も比嘉幹貴投手が3者凡退に打ち取ると、続く9回表はディクソン投手が登板。走者を出しながらも無失点に抑え試合終了。オリックスが5対1で勝利した。投げては、先発・山本投手が6回3安打1失点の好投。リリーフ陣も無失点でつないだ。打っては捕手に再挑戦の女房役・頓宮選手が決勝打となる先制タイムリー。中川選手も3打点を挙げ開幕へアピールした。

  123456789 計
中 000001000 1
オ 02001020X 5

中 ●岡野祐一郎-福谷浩司
オ ○山本由伸-澤田圭佑-比嘉幹貴-ディクソン

文・丹羽海凪

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事