【試合戦評】主砲の一発&エースの快投で接戦を制し、2012年以来となる4年ぶり悲願のリーグ制覇

2016-09-28 00:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

マジック「1」で迎えた昨日の試合で敗れ、また福岡ソフトバンクも勝利したため27日の優勝はお預けとなった北海道日本ハム。自らの勝利で優勝をつかみ取りたい今日の先発はエース・大谷選手。迎え撃つ埼玉西武は、チーム最多の12勝を挙げ投手陣をけん引した菊池投手をマウンドに送り、本拠地での今季最終戦に臨む。

先輩・後輩対決となる花巻東高校出身の両先発は、150キロ超の直球を武器に、ともに3回までを無失点に抑える立ち上がり。しかし、4回表に6番・レアード選手が高めの変化球を捉える39号ソロ。「この試合で優勝を決める覚悟で引き続き頑張る」と語った主砲の一発で北海道日本ハムが先取点を奪取する。

大谷選手は4回裏も無安打。5回裏1死から森選手にチーム初安打を放たれるも、この回3奪三振で無失点。6回裏も3者連続三振で前の回から5者連続三振。全く危なげない投球で相手の反撃を封じていく。

7回表。埼玉西武は今季限りでの現役引退を表明している岡本篤投手がマウンドへ。全球直球勝負で空振り三振を奪い、埼玉西武一筋でチームに貢献し続けた右腕に球場全体から大きな拍手が送られる。

終盤に突入してもなお、大谷選手は好投を続ける。球威は全く衰えず、7回、8回も2つずつ三振を奪い、ここまで15奪三振。優勝がかかる大事な試合で今年一番の投球を披露する。

最終回のマウンドにも上がった大谷選手は、走者を背負うも落ち着いてしのいで無失点。エース・大谷選手がわずか1点のリードを守り抜き、2012年以来4年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた。

6月末の段階の「11.5ゲーム差」から大逆転での覇権奪回。諦めずに戦い抜き、パ・リーグの頂点に立った。しかし、まだまだここがゴールではない。さらなる高みへ、まずはクライマックスシリーズ突破を目指す。