ニール、松本航ら投手陣が好投。最少得点を守り切って埼玉西武が勝利

2020-03-14 15:38 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/14 ライオンズ対スワローズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月14日、メットライフドームにて行われた埼玉西武対東京ヤクルトのオープン戦は、1対0で埼玉西武が勝利。スタメンには若手が多く並び、それぞれがアピールを見せ、接戦を制した。

 先制したのは埼玉西武。2回裏、先頭の4番・山川穂高選手がヒットで出塁すると、6番・呉念庭選手、7番・柘植世那選手と続き1死満塁とする。ここで8番・高木渉選手に犠牲フライが生まれ、まずは東京ヤクルトの先発・小川泰弘投手から1点を先制。高木選手は「2ストライクと追い込まれていましたが、体を残してうまく外野まで運ぶことができました」とオープン戦初打席を振り返った。

 埼玉西武の先発・ニール投手は、3回まで4安打とランナーを許しながらも本塁は踏ませず、3回には3三振を奪ってマウンドを降りた。4回表は相内誠投手が0でつなぐと、5回表からは松本航投手が登板。3イニングで5奪三振を奪う好投を見せた。

 2回裏以降は両チーム得点が入らず、1対0のまま試合は最終回を迎えた。9回表は田村伊知郎投手が登板し、ランナーを出しながらも無失点で終え、試合終了。埼玉西武が接戦を制した。投げては先発・ニール投手が3回無失点。後を継いだ投手陣も東京ヤクルト打線を0に抑えての完封リレーとなった。若手中心のラインナップとなった打線では、高木渉選手がオープン戦初打席で先制の犠牲フライを放ち、これが決勝点となった。

  123456789 計
ヤ 000000000 0
西 01000000X 1

ヤ ●小川泰弘-五十嵐亮太-近藤一樹-風張蓮
西 ○ニール-相内誠-松本航-森脇亮介-S田村伊知郎

文・丹羽海凪

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事