オリックス、ロドリゲス&中川圭太が本塁打も投手陣が大乱調で阪神に大敗……

2020-03-14 17:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/14 バファローズ対タイガース ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月14日、京セラドーム大阪で行われたオリックス対阪神のオープン戦は、4対10でオリックスが大敗を喫した。

 オリックスの先発・漆原大晟投手は2回表、1,2塁に走者を背負うと7番・糸原健斗選手の適時打であっさりと先制を許してしまう。さらに犠飛で追加点を献上し、スコアを0対2とされる。

 追うオリックスは4回裏、先頭のロドリゲス選手が放った打球がバックスクリーンに飛び込み1点を返す。さらに5回裏、2死から1番・福田周平選手が出塁すると、続く2番・中川圭太選手が2ランを放ち逆転に成功。

 しかし7回表、オリックスの2番手・荒西祐大投手が虎打線につかまる。2死から2連打で走者を背負うと4番・陽川尚将選手に逆転の3ランを許し、再び追う展開に。すると直後の7回裏にオリックスは1番・福田選手、2番・中川選手の連打などで1死満塁とすると、代打・モヤ選手のゴロの間に1点を返す。しかしその後は後続が倒れて逆転ならず。

 1点差に詰め寄ったものの、8回表に再び荒西投手が炎上。1,3塁に走者を背負うと2番・植田海選手、3番・上本博紀選手に連続適時打を浴び、一気に点差を4に広げられる。さらに9回表、この回から登板した比嘉幹貴投手が大山悠輔選手に2ランを許しスコアが4対10に。

 オリックスが6点ビハインドで迎えた最終9回裏、阪神・岩貞祐太投手の前に3者凡退に倒れて試合終了。4対10で敗れたオリックスは、先発の漆原投手が3回4安打2失点で降板。後を受けた2番手・荒西投手が5回10安打6失点の乱調ぶりだった。しかし打線は、ロドリゲス選手と中川選手が貴重な本塁打を放ち、福田選手もマルチの活躍を見せるなど、明日の試合へ期待を残した。

  123456789 計
神 020000332 10
オ 000120100 4

神 中田賢一-○能見篤史-守屋功輝-岩貞祐太
オ ●漆原大晟-荒西祐大-比嘉幹貴

文・後藤万結子

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事