ドラ1・佐藤直樹が適時打も、岩嵜翔が2被弾…… 鷹対鯉は決着つかず

2020-03-14 16:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/14 ホークス対カープ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月14日、福岡PayPayドームで行われた福岡ソフトバンク対広島のオープン戦は、福岡ソフトバンクが終盤に追いつかれ、4対4の同点で終了した。

 福岡ソフトバンクは初回、1死から2番・高田知季選手、長谷川勇也選手の連打で好機を作ると、4番・バレンティン選手の適時打で1点を先制。先発の松本裕樹投手は2回表に広島・安部友裕選手の同点弾を浴びるが、以降は走者を背負っても冷静な投球を見せ、3イニングを投げて3安打1失点で降板。4回からは二保旭投手がマウンドに上がった。

 2回裏の上林誠知選手の安打以降は出塁がなかった福岡ソフトバンク打線は5回裏、再び7番・上林選手が安打で出塁、8番・佐藤直樹選手も安打で続いて無死2,3塁とすると、野選の間に勝ち越しに成功。勢いに乗った鷹打線は7回裏、佐藤選手と9番・高谷裕亮選手の連続適時打でさらに2点を追加し、スコアを4対1とした。

 しかし8回表、岩嵜翔投手が代打・鈴木誠也選手の一発を浴びると、6番・坂倉将吾選手にも同点2ランを許してこの回一挙3失点。最終9回裏は得点圏に走者を進めるも、あと一本が出ず4対4で試合終了。

 昨日から一軍に復帰した上林選手、そしてドラ1・佐藤選手がマルチを記録する好調ぶり。投手陣は先発の松本投手、後を受けた二保投手とサファテ投手が無失点でつないだが3番手・岩嵜投手が誤算だった。

  123456789 計
広 010000030 4
ソ 100010200 4

広 床田寛樹-藤井皓哉-一岡竜司-DJ.ジョンソン-スコット
ソ 松本裕樹-二保旭-サファテ-岩嵜翔-森唯斗

文・後藤万結子

◇「3月オープン戦期間限定 無料視聴キャンペーン」実施中!無観客試合の中継を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

試合関連記事