松坂大輔が本拠地初登板で3回0封。與座海人も4回1失点で埼玉西武が勝利

2020-03-15 16:03 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/15 ライオンズ対スワローズ ダイジェスト

 3月15日、メットライフドームにて行われた埼玉西武対東京ヤクルトのオープン戦。3連戦の3戦目は、3対1で埼玉西武が勝利を収め3連勝でオープン戦を終えた。

 埼玉西武の先発は與座海人投手。3回表、2死から2番・山田哲人選手に安打で出塁を許すと、続く3番・青木宣親選手に適時二塁打を浴び1点を先制されてしまう。しかし、その後は0に抑え、4回4安打3三振1失点の内容でマウンドを降りた。

 東京ヤクルトの先発・高橋奎二投手を打ちあぐねていた埼玉西武打線は5回裏、先頭の8番・メヒア選手、9番・木村文紀選手と連打で無死1,3塁の好機を得る。ここで1番・金子侑司選手の犠飛で同点に追いつくと、さらに交代した坂本光士郎投手から2死満塁として5番・外崎修汰選手、6番・中村剛也選手が押し出し四球を選び、3対1と逆転に成功した。

 6回からは14年ぶりに埼玉西武に復帰した松坂大輔投手が本拠地初登板。3四球と走者を出しながらも落ち着いた投球を見せた。最後は東京ヤクルトの4番・村上宗隆選手を三振に打ち取り、3イニングを1安打3四球3三振無失点でつないだ。

 9回表には平良海馬投手が登板し、2死満塁のピンチを背負うが無失点で試合終了。3対1で埼玉西武が勝利した。先発した與座投手が4回1失点に抑えると、増田達至投手、松坂投手、平良投手と無失点リレーで東京ヤクルト打線を封じた。打線は4安打と振るわなかったが、少ないチャンスを生かして得点を重ねた。

  123456789 計
ヤ 001000000 1
西 00003000X 3

ヤ ●高橋奎二-坂本光士郎-山田大樹
西 與座海人-○増田達至-松坂大輔-S平良海馬

文・丹羽海凪

試合関連記事