先発マルティネスは好投も後続が炎上…… 北海道日本ハムが横浜DeNAに大敗

2020-03-15 16:10 「パ・リーグ インサイト」編集部

3/15 ファイターズ対ベイスターズ ダイジェスト

 3月15日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム対横浜DeNAのオープン戦は、1対7で北海道日本ハムが大敗。横浜DeNAとの3連戦で1勝2敗と負け越した。

 北海道日本ハム先発のマルティネス投手は、初回を3者凡退に抑える上々の立ち上がりを披露。しかし2回表、ロペス選手と宮崎敏郎選手の連打で1死1,3塁のピンチを招くと、伊藤光選手に犠飛を浴び、先制を許した。

 北海道日本ハムは2回裏、渡邉諒選手の安打、ビヤヌエバ選手の四球で2死1,2塁とすると、石井一成選手が変化球を巧みにさばき、右翼線へ。これが同点の適時二塁打となり、試合を振り出しに戻した。

 3回以降は両チーム無得点と、こう着状態に入ったと思われた試合は6回表、北海道日本ハム投手陣がつかまった。この回から登板した2番手の玉井大翔投手は、四球で走者を許し2死1塁としたところで降板。後を託された金子弌大投手だったが、宮崎選手に勝ち越しの適時二塁打を浴びると、その後も横浜DeNAの勢いを止められず。満塁から百瀬大騎選手に適時内野安打、大和選手には走者一掃の適時三塁打を浴び、この回5失点。1対6と5点を追う苦しい展開に。

 7回表にも佐野恵太選手の3号ソロで1点を失った北海道日本ハム。打線も横浜DeNA投手陣の前に追撃はかなわず、そのまま1対7で試合終了。マルティネス投手が好投したものの後続が炎上。打線も散発5安打で1得点と援護できなかった。なお、9回表に登板した長谷川凌汰投手は、先頭に安打を浴びたものの後続を3人で打ち取り、オープン戦5試合連続無失点を記録した。

  123456789 計
横 010005100 7
日 010010000 1

横 石田健大-○ピープルズ
日 マルティネス-●玉井大翔-金子弌大-堀瑞輝-井口和朋-長谷川凌汰

文・鈴木海斗

試合関連記事