【ファーム】加治屋蓮が復帰、柳田悠岐が2安打1盗塁も…… 若鷹が2試合連続完封負け

2020-03-15 16:21 「パ・リーグ インサイト」編集部
福岡ソフトバンク・加治屋蓮投手(C)パーソル パ・リーグTV

福岡ソフトバンク・加治屋蓮投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月15日、タマスタ筑後にて行われた福岡ソフトバンク対中日の練習試合は、4対0で福岡ソフトバンクが2戦連続の完封負けを喫した。

 福岡ソフトバンクの先発・重田倫明投手は、6つの四死球を出すなど乱調。1回表、先頭から2つの四球で1,2塁のピンチを招く。併殺で2死としたが、またも四球で1,3塁となり、5番・石岡諒太選手、6番・三ツ俣大樹選手に連続タイムリーを許し、3点を与えてしまう。

 さらに5回表、この回からマウンドに上がった大関友久投手が2死3塁とすると、失策で1点を献上。打線もなんとか得点したいところだが、中日の先発・松葉貴大投手の前に6回まで3安打と活気づかないまま、試合は終盤を迎えた。

 8回表には復活が待たれる加治屋蓮投手が登板し、中日打線を難なく3者凡退に抑える。9回表も渡邉雄大投手が3人で終え打線の援護を待ったが、9回裏は鈴木翔太投手の前に3三振に倒れ、4対0のまま試合終了。福岡ソフトバンクが2試合連続の完封負けを喫した。

 投げては先発・重田倫明投手が4回6四死球と乱調。初回に3点を許し、試合をつくれなかった。2番手・大関友久投手は不運な失点こそあったが、3回2安打1失点(自責0)という内容だった。そして3番手には加治屋蓮投手が登板。3者凡退で復活への期待を残した。打っては調整中の柳田悠岐選手が2打数2安打に加え、盗塁もマーク。こちらも一軍復帰へ期待がかかる。

  123456789 計
中 300010000 4
ソ 000000000 0

中 ●重田倫明-大関友久-伊藤準規-鈴木翔太
ソ ○松葉貴大-阿知羅拓馬-加治屋蓮-渡邉雄大

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/