鷹のロマン砲・リチャードが支配下に。王貞治会長の秘蔵っ子が飛躍を誓う 会見一問一答

2020-03-16 19:58 田尻 耕太郎

祝・支配下!! ホークス・リチャードの巧打まとめ

 身長189cm、体重112kg。

 いかにもスラッガー然とした体躯を誇る福岡ソフトバンクホークスのリチャード内野手が、3月16日に育成枠から支配下登録へと移行された。

 本名は砂川リチャード・オブライエン。沖縄生まれの20歳だ。父は軍事施設で働く米国人で、兄(ジョーイ・オブライエン)は地元の高校を卒業後にアメリカの学校に進学して、米大リーグのシアトル・マリナーズからドラフト指名を受けてマイナーリーグでプレーをしている。リチャードは育成選手だったため当然一軍出場はない。二軍公式戦もプロ1年目は出場ゼロで、2年目だった今季も8試合しか出場歴がない。しかも13打数1安打、打率.077だった。しかし、昨年、三軍の非公式戦では12本塁打を放ち、大器の片りんを予感させたのである。

アジア・ウインターベースボールリーグにて 撮影・海老原 悠

アジア・ウインターベースボールリーグにて 撮影・海老原 悠

 昨年までの6年間で5度も日本一に立ったホークス。主力選手は球界トップレベルのスターぞろいだ。ただ、その壁があまりに高すぎるために戦力の入れ替わりが難しくなっている。気づけば内川聖一内野手は今年38歳、松田宣浩内野手は今年37歳だ。まだ一線級でバリバリ活躍できる実力者だが、次代のホークスに向けて手を打っておかなければならないのも事実である。

 リチャードは「ポスト松田」として期待を寄せられている。自慢の長打力に誰よりも惚れ込んだのが王貞治球団会長だった。昨年秋の宮崎キャンプでは50分間の特打をつきっきりでチェックしてもらい、「余分な力が入っているぞ!」とゲキを飛ばされるシーンもあった。さらにその後参戦する台湾でのアジア・ウインターベースボールリーグに向けて「3試合に1本だから(全18試合で)6本ホームランを打ったら、何か(プレゼントを)やるよ」と約束まで交わした。

「やるしかないです」と目を輝かせたリチャード。台湾では最初の6試合で3本塁打を量産してノルマ以上の活躍を見せた。その後は快音聞かれずに結局3発で終わったが、同リーグの本塁打キングに輝き、17打点も同2位の好成績だった。

アジア・ウインターベースボールリーグにて 撮影・海老原 悠

アジア・ウインターベースボールリーグにて 撮影・海老原 悠

 クリアならずも、アピールは成功して春季キャンプはA組入り。王会長は「こちら(球団側)が引き上げたんじゃない。彼が自分でつかんだんだ」ときっぱり口にした。オープン戦フル帯同も果たし、2月23日のバファローズ戦(SOKKEN)では左翼席の奥にある林に打ち込む特大本塁打を放った。また、3月に行われた紅白戦ではPayPayドームのバックスクリーンに飛び込むアーチを架け、チームメイトからも「すごい……!」と驚かれた。3月15日のカープ戦(マツダスタジアム)ではカープドラフト1位右腕の森下暢仁投手の147キロ低め直球を左中間席まで運んでみせた。

「去年と今年のホームランは違います。去年は三軍ですが、10本以上打ちました。ただ、バットの芯でしっかり打てたのは確か2本だけ。あとは詰まったり、先っぽだったり。だけど、今年は芯でとらえてホームランを打てています。7,8割の力で振っているのがいい」

 全力フルスイングの結果、とてつもない飛距離をマークしたこともある。昨年はタマスタ筑後のバックスクリーンを越えたし、高校時代も名護球場のレフト場外へ一発を放ち、その白球は海まで届いたという。

「でも、思いっきり振っても確立が上がらない。ファウルになってしまう。“グァン”じゃなく、“シュパーン”が理想です(笑)」

 新しい背番号は52に決まった。ホークスでは川崎宗則氏が長く背負っていた。新しい「52番像」を印象づける規格外のアーチを何本も描き、これから日本中の野球ファンを驚かせるに違いない。リチャードは、鷹のロマン砲だ。

 以下、支配下登録会見の主な一問一答

(C)福岡ソフトバンクホークス

(C)福岡ソフトバンクホークス

――今の気持ちは?
「支配下登録されてとっても嬉しいんですけど、やっとプロ野球選手になれたと思うので、ここから頑張りたいと思います」

――この一報はいつ、どのような形で耳にしましたか?
「広島での試合が終わって、福岡に帰っている途中の新幹線でした。尾形の後ろに座っていて、向こうが先に電話がかかってきたので、もしかしたら自分もあるんじゃないかと思いながら待っていました。電話で『明日、球団事務所に』と言われてとっても嬉しくて、親に電話して、喜びながらまた頑張ると言いました」

――最初に連絡をしたのは?
「お母さんとお父さん同時に言ったので、英語で言いました。とっても喜んでいて、自分も嬉しくなりました」

――新しい背番号についていかがでしょうか?
「良い番号だと思いました。52番はもともと川崎宗則さんがつけていた背番号。宗さんには(昨オフの)台湾でのウインターリーグの時に、差し入れでチキンとかもらったりしていた。リチャード専用チキンも用意してもらっていた。とっても面白い人だなと思いました。自分も周りに愛される人間になりたいです」

――育成ドラフトで入団し、ここまで振り返ってみていかがでしょう?
「育成の時はいろんな辛い思いもあったんですけど、今はそれも思い出に変わっています。でも、それを忘れずにこれから頑張っていこうという気持ちです」

――支配下入りの手ごたえをつかんだり、自分の中でターニングポイントとなったできごとは?
「全部がターニングポイントだったと思います。いろんな人からアドバイスをもらいました。たくさんありすぎて、誰とか言えないですけど、強いて挙げるならオフの間に山川さん(埼玉西武)と自主トレをして、そこで打撃のことや考え方を勉強できました。それもターニングポイントだった思います。これからもたくさんのターニングポイントを作って成長していきたいと思います」

――ここまで支えになったのは?
「両親に支えてもらったと思っています。三軍の試合とかでも見てくれていて連絡をくれました。今日も頑張ったねという感じでメッセージとか電話をくれていた。心の支えというか毎日新しい気持ちで切り替えていけた」

――一緒に支配下登録された尾形投手はどんな存在?
「尾形が投げている時は、同級生の同期入団ですし意識をしていました。自分がたまに行くウエイトルームでは、尾形はいつも筋トレをやっていて、ほんとに意識が高いなと思っていました。一人で淡々とやっていて、教えてとお願いしてもあんまり教えてくれずに一人で突き進んでたんですけど(笑)。でも、こうやって一緒に支配下になって、とっても、とってもうれしいです」

――今年のキャンプ、オープン戦で成長したと感じるところは?
「自分自身にプレッシャーをかけながらやってきた。オープン戦では尾形が投げている試合でホームランを2本打てた。もっと打ちたかったですけど。これからももっともっと泥臭くやりたいと思います」

――王会長や工藤監督からはどのような言葉を掛けられましたか?
「これからが勝負だと言ってもらえたので、これまで以上に頑張りたいと改めて思いました」

――新たなスタートです。どんな選手になりたいのか、ファンの皆さんへ報告をお願いします。
「チームが苦しい時や、ここで1本欲しいという時に、ホームランとか長打とかを打てるようなバッターになりたいと思います。そして、ホークスは世界一を目指している球団なので、世界一のプレイヤーになれるように頑張りたいです」

(C)福岡ソフトバンクホークス

(C)福岡ソフトバンクホークス

――お互いにエールお願いします。
尾形「これからも変わらず、僕が投げたときはホームランを打ってください」
リチャード「わかりました、頑張ります。(尾形投手には)今まで通り大きな『オラァ』という声をあげて、いつの時もいいピッチングを見せてください。お願いします」

関連記事