【ファーム】安田尚憲に一発が飛び出す!終盤の猛攻で千葉ロッテが楽天に快勝

2020-03-20 16:55 「パ・リーグ インサイト」編集部

【2軍練習試合】マリーンズ・安田 豪快に引っ張って同点のソロホームラン‼ 2020/3/20 M-E(ファーム練習試合)

 3月20日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと楽天の練習試合は、6対1で千葉ロッテが勝利。序盤に先制し、主導権を握った千葉ロッテが終盤にも追加点を挙げて楽天に快勝した。

 千葉ロッテ・有吉優樹投手、楽天・鈴木翔天投手の先発で始まった試合。初回は両チーム無得点に終わり、迎えた2回裏、千葉ロッテは四球と暴投で1死2塁の好機を得ると、8番・柿沼友哉選手の適時打で先制点を挙げる。さらに、4回裏には5番・安田尚憲選手が右翼席へ本塁打を放ち、千葉ロッテが2対0とリードを広げた。

 追いかける展開となった楽天は5回表、千葉ロッテの3番手・松永昂大投手を攻め立て、三連打で無死満塁とする。この好機に、2番・村林一輝選手の併殺打の間に1点を返し、スコアを1対2とした。

 6回、7回と両チームの救援陣が無失点に抑え、1点差のまま迎えた8回裏。楽天の5番手・近藤弘樹投手に対し、千葉ロッテは5番・安田尚憲選手、6番・山口航輝選手の連打で1死1,2塁とすると、続く7番・平沢大河選手の適時打で2点を追加。さらに、8番・江村直也選手の犠飛、途中出場の三家和真選手の適時打も飛び出し、この回4点を追加。6対1と千葉ロッテがリードを大きく広げた。

 9回表、千葉ロッテは7番手・アコスタ投手が登板。2死から7番・松本京志郎選手に中前打を浴びたものの、最後は8番・和田恋選手を内野ゴロに打ち取って試合終了。千葉ロッテが6対1で勝利を収めた。

 序盤、そして終盤に連打で得点を挙げた千葉ロッテが快勝。7投手による小刻みな継投で逃げ切った。安田選手の本塁打などもあり、投打のかみ合った白星となった。一方の楽天は投手陣が粘り切れず。打線も千葉ロッテ投手陣の前に安打こそ出たものの、後続がつながらず、わずか1得点に終わった。

  123456789 計
楽 000010000 0
ロ 01010004X 6

楽 鈴木翔天-木村敏靖-青山浩二-釜田佳直-近藤弘樹
ロ 有吉優樹-本前郁也-松永昂大-土肥星也-サントス-成田翔-アコスタ 

文・成田康史

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【2軍練習試合】マリーンズ・平沢 試合を決定づける2点タイムリー‼ 2020/3/20 M-E(C)パーソル パ・リーグTV

試合関連記事