ビヤヌエバが完璧な逆転弾。7安打7得点の効率的な攻撃で北海道日本ハムが勝利

2020-03-21 16:51 「パ・リーグ インサイト」編集部

【練習試合】3/21 ライオンズ対ファイターズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月21日、メットライフドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムの練習試合は7対4で北海道日本ハムが勝利した。初回に先制を許しながらも、新助っ人・ビヤヌエバ選手の逆転弾を皮切りに、試合の主導権をつかんだ。

 1回裏から埼玉西武が攻勢に出た。北海道日本ハムの先発・西村天裕投手に対して、1番・金子侑司選手と2番・源田壮亮選手の連続安打で1,2塁とすると、2死から外崎修汰選手が適時打。幸先よく1点を先制する。

 4回表、それまで無失点に抑えられていた埼玉西武・松本航投手に対して、北海道日本ハムが反撃に出た。2者連続四球で1死1,2塁のチャンスを作ると、ここで6番・ビヤヌエバ選手が左翼スタンドに飛び込む逆転3ラン。なおも敵失で2死2塁とすると、石川亮選手にも適時打が生まれてさらに1点を追加。4対1と試合をひっくり返した。

 6回裏、埼玉西武は6番・戸川大輔選手の二塁打でチャンスを作ると、続く7番・栗山巧選手がライト前へ適時打を放ち、点差を2点に縮めた。

 ただ、7回表に北海道日本ハムが一気に突き放しにかかる。先頭の代打・鶴岡慎也選手がセンター後方のフェンスに直撃する二塁打を放つと、続く松本剛選手も四球を選んで1,2塁とチャンスを拡大。1死となったところで谷口雄也選手が2点適時三塁打、さらに杉谷拳士選手にも適時打が生まれて一挙3点を追加し、リードを5点に広げた。投手陣では、7回表から登板した金子弌大投手が2イニングを投げて3奪三振無失点の好投を見せた。

 このままでは終われない埼玉西武は9回裏、守護神・秋吉亮投手に対して2つの四球で2死1,2塁とすると、川越誠司選手と柘植世那選手に適時打が生まれ2点を返し、3点差に迫る粘りを見せた。ただ、最後は秋吉投手が2死満塁のピンチを三振で乗り切って試合終了。北海道日本ハムが埼玉西武に7対4で勝利した。

  123456789 計
日 000400300 7
西 100001002 4

日 西村天裕-ロドリゲス-金子弌大-秋吉亮
西 松本航-佐野泰雄-田村伊知郎-森脇亮介

文・吉田貴

試合関連記事