山川穂高&外崎修汰が3安打! 松坂大輔が5回4失点も猛攻で獅子が勝利

2020-03-22 16:27 「パ・リーグ インサイト」編集部

【練習試合】ライオンズ・山川 調子乗ってる!? 左中間スタンドへアーチを描くホームラン‼ 2020/3/22 L-F(練習試合)(C)パーソル パ・リーグTV

 3月22日、メットライフドームにて行われた埼玉西武対北海道日本ハムの練習試合第3戦は、9対6で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は初回、北海道日本ハムの先発・長谷川凌汰投手から1番・金子侑司選手の安打と盗塁などで1死1,3塁とチャンスを拡大。ここで4番・山川穂高選手、5番・外崎修汰選手の連続タイムリーが飛び出し2点を先制する。

 直後の2回表、先頭の王柏融選手がライト前ヒットで出塁すると、埼玉西武の先発・松坂大輔投手は制球を乱し、2死満塁のピンチを招く。1番・松本剛選手に押し出し四球を与えると、2番・大田泰示選手、3番・近藤健介選手にタイムリーを浴び、3点を失った。

 しかし2回裏、埼玉西武打線が火を噴く。1死1塁から金子選手のタイムリースリーベースで1点を返し同点とすると、2番・源田壮亮選手、3番・森友哉選手と続き、連打で一気に逆転。さらに、外崎選手にも2打席連続のタイムリーが生まれ、6対3と突き放した。

 4回表には鶴岡慎也選手のタイムリーで1点を返されるが、4回裏には山川選手がレフトスタンドに飛び込むホームランを放ち、リードを縮ませない。大量援護を受けた松坂投手は、5回4安打5四死球4失点という内容でマウンドを後続に託した。

 北海道日本ハムは6回表に5番・王柏融選手のソロホームラン、7回表に谷口雄也選手のタイムリーで1点ずつ返していき、6対8と詰め寄る。逃げ切りたい埼玉西武は7回裏、代打・栗山巧選手、8番・木村文紀選手の連打などで満塁とし、押し出し四球で1点を追加。スコアは9対6で終盤を迎えた。

 8回表は埼玉西武の4番手・ギャレット投手、8回裏は北海道日本ハムの4番手・堀瑞輝投手がそれぞれ3者凡退で終え、9回表には平良海馬投手が登板。ここも3人で終え、9対6で埼玉西武が勝利。先発・松坂大輔投手が5回4失点、リリーフにも失点が見られたが、それをはね返す打撃で勝利を引き寄せた。山川選手がホームランなど3安打3打点。外崎修汰選手も3安打2打点をマークした。

  123456789 計
日 030101100 6
西 24010110X 9

日 長谷川凌汰-鈴木遼太郎-生田目翼-堀瑞輝
西 松坂大輔-平井克典-増田達至-ギャレット-平良海馬

文・丹羽海凪

試合関連記事