【ファーム】重田倫明が6回1失点の好投! 内川聖一の2打席連続適時打など6得点で若鷹が勝利

2020-03-22 17:29 「パ・リーグ インサイト」編集部

【2軍練習試合】ホークス・内川聖一が技ありのタイムリーを放つ!! 2020/3/22 H-C(ファーム練習試合)(C)パーソル パ・リーグTV

 3月22日、タマスタ筑後にて行われた福岡ソフトバンク対広島の練習試合は、6対1で福岡ソフトバンクが快勝した。

 福岡ソフトバンクの先発・重田倫明投手は2回表、広島の4番・林晃汰選手にホームランを浴びて1点の先行を許す。しかし3回裏、打線が広島の先発・中村祐太投手を攻める。四球などで1死満塁とすると、4番・内川聖一選手のタイムリーで同点に。さらに野村大樹選手のタイムリーツーベースなどで2点を勝ち越し、3対1とした。

 4回裏にも1番・谷川原健太選手が四球で出塁し、2番・川瀬晃選手がヒットエンドランを決めチャンスを演出。2死1,3塁としたところで、内川選手に2打席連続のタイムリーが生まれ、1点を追加する。打線は攻撃の手を緩めない。6回裏には川瀬選手のタイムリー、7回裏には満塁からバッテリーミスの間に1点ずつを加え、6対1とリードを広げた。

 重田投手はソロホームラン1本のみに抑え、6回3安打1失点の好投。7回からは加治屋蓮投手、野澤佑斗投手と1イニングずつ無失点でつなぎ、5点リードの9回表は小澤怜史投手が締め、6対1で福岡ソフトバンクが勝利。

 勝利した福岡ソフトバンクは先発・重田投手が好投。打線もこれに応え、3回に打者一巡の猛攻を仕掛けるなど、得点を重ねた。谷川原選手、川瀬選手の1,2番コンビがマルチ安打をマーク。4番に座った内川選手にも2打席連続のタイムリーが生まれた。

  123456789 計
広 010000000 1
ソ 00310110X 6

広 中村祐太-田中法彦-畝章真-矢崎拓也-岡田明丈
ソ 重田倫明-加治屋蓮-野澤佑斗-小澤怜史

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

試合関連記事