【ファーム】高橋光成が5回8奪三振2失点の力投。相手の隙をついた埼玉西武が勝利

2020-03-24 15:47 「パ・リーグ インサイト」編集部

【2軍練習試合】ライオンズ・山野辺 レフト前へ先制タイムリーヒット!! 2020/3/24 F-L(ファーム練習試合)(C)パーソル パ・リーグTV

 3月24日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムにて行われた北海道日本ハムと埼玉西武の練習試合は、4対3で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は3回表、2死から9番・川野涼多選手、1番・鈴木将平選手の連打で1,2塁とする。ここで2番・山野辺翔選手がレフト前へタイムリーを放つ。これで2塁走者がホームインすると、さらに相手の送球が大きく乱れる間に打者走者まで生還を果たし、北海道日本ハムの先発・高山優希投手から3点を先制した。

 直後の3回裏、埼玉西武の先発・高橋光成投手が2死1塁から野村佑希選手にレフトスタンドへ飛び込む2ランを浴び、2点を追い上げられる。しかし毎回ランナーを許しながらも要所を締め、失点はこの1本にとどめた。結果的には5回6安打8奪三振2失点という内容でマウンドを降りる。

 2対3で迎えた6回裏、北海道日本ハムはこの回から登板した伊藤翔投手から清宮幸太郎選手がライトへ完璧なホームランを放ち、同点とする。7回は両軍無失点で終え、8回表、北海道日本ハムの守備に失策が続き、1死1,3塁となる。ここで4番・佐藤龍世選手の内野ゴロの間に3塁走者が生還。埼玉西武が再び勝ち越しに成功した。

 ミスを取り返したい北海道日本ハム打線だったが、その後は得点できず。北海道日本ハム対埼玉西武の練習試合は、4対3で埼玉西武が勝利した。北海道日本ハムは失策もあり3点を先制されるが、野村選手、清宮選手のホームランで同点に追いついた。しかし、再び失策が絡み勝ち越される痛い敗戦。一方で埼玉西武は先発・高橋光成投手が5回6安打8奪三振2失点の力投を見せ、打線は呉念庭選手が2安打をマーク。相手失策につけ込み得点を重ねた。

  123456789 計
西 003000010 4
日 002001000 3

西 高橋光成-伊藤翔-中塚駿太-野田昇吾
日 高山優希-福田俊-玉井大翔-井口和朋

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

campaign