【ファーム】高部瑛斗&福田光輝のルーキーコンビの活躍で千葉ロッテが埼玉西武に逆転勝利

2020-03-27 16:16 「パ・リーグ インサイト」編集部

【2軍練習試合】マリーンズ・ルーキー高部が逆転のタイムリー2ベースヒットを放つ!! 2020/3/27 L-M(ファーム練習試合)

 3月27日、ロッテ浦和球場で行われた埼玉西武対千葉ロッテのファーム練習試合は、5対4で千葉ロッテが逆転勝利した。

 埼玉西武はニール投手が先発。初回は1死から連打されたが、4番・井上晴哉選手を6-4-3のダブルプレーに打ち取る。2回以降もゴロアウトを積み重ねるニール投手らしいピッチングを披露し、4回3安打2奪三振無失点の好投でマウンドを降りた。

 対する千葉ロッテ先発の石川歩投手は初回、2死1,2塁のピンチを切り抜けると、2回裏は3者凡退に抑えた。ところが、3回裏から登板した2番手・二木康太投手が乱調。先頭の山田遥楓選手にライト方向へソロホームランを打たれると、なおも連打などで1死2,3塁とピンチを招く。ここで4番・川越誠司選手は強振。打った瞬間それとわかるライトオーバーの3ランとなり、埼玉西武が4点を先取した。

 4点を追う千葉ロッテは6回表に打線がつながった。茶谷健太選手の安打と岡大海選手の二塁打、三木亮選手の四球で2死満塁。菅野剛士選手の内野ゴロが相手の失策を誘い、この間に3塁走者が生還する。続く福田光輝選手は初球をたたき、レフト前への2点適時打。1点差に迫り、なおも田村龍弘選手の四球で満塁とすると、高部瑛斗選手が右中間へ逆転の2点適時二塁打を放った。この回打者一巡の猛攻で5対4と千葉ロッテがリードを奪う。

 試合後半は種市篤暉投手が2回3奪三振無失点、松永昂大投手は1回を3者凡退と危なげなく抑える。最後は育成のフローレス投手が8回裏からの2イニングを抑え、千葉ロッテが1点のリードを守りきった。勝利した千葉ロッテは福田選手と高部選手のルーキー2人で4打点を挙げ、逆転劇に貢献。敗れた埼玉西武は3番手の榎田大樹投手が2回4安打5失点と結果を残せなかった。

  123456789 計
ロ 000005000 5
西 004000000 4

西 ニール-粟津凱士-榎田大樹-野田昇吾-田村伊知郎
ロ 石川歩-二木康太-種市篤暉-松永昂大-フローレス 

文・菊地綾子

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

【2軍練習試合】打った瞬間!! ライオンズ・川越が特大の3ランホームランを放つ!! 2020/3/27 L-M(ファーム練習試合)

campaign