大谷翔平、ダルビッシュ有、松井秀喜、松井裕樹…… 高卒2年目にブレイクした名選手たちを振り返る

2020-04-02 18:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

【9回表】球団創設初 イーグルス・松井裕が30セーブ到達!! 2015/9/20 E-Bs(C)パーソル パ・リーグTV

昨季両リーグで新人王を獲得した2選手の一つの共通点

 2019年にそれぞれ新人王の栄冠を手にした、高橋礼投手(福岡ソフトバンク)と村上宗隆選手(東京ヤクルト)。村上選手は高卒、高橋礼投手は大卒という違いはあれど、どちらもプロ2年目で新人王のタイトルを手にした。

 即戦力の期待がかけられるケースも少なくない大卒の選手に対して、高卒の選手が1年目や2年目から出色の活躍を見せるケースは稀なものだ。そんな中で、村上選手は全143試合に出場し、36本塁打96打点という数字を記録。高卒2年目以内で30本塁打を記録したのは中西太氏、清原和博氏に続く史上3人目であり、同条件で90打点以上を記録したのは長い球史でも初めて。まさに、歴史的な活躍ぶりだった。

 さて、村上選手が指名された翌年の2018年のドラフトは、開催前から高校生が豊作の年と評価されていた。実際に、吉田輝星投手(北海道日本ハム)、藤原恭大選手(千葉ロッテ)、根尾昂選手(中日)、太田椋選手(オリックス)、小園海斗選手(広島)の5選手が、高卒でドラフト1巡目指名を受けている。逸材揃いのこの世代がプロ2年目を迎える2020年に、村上選手に続く活躍を見せてくれる選手が現れる可能性は大いにある。

過去には高卒1年目から2桁勝利や30本塁打を記録した選手も

 先ほど名前の挙がった中西太氏は、高卒2年目の1953年に打率.314、36本塁打86打点、36盗塁という数字を記録し、トリプルスリーの快挙も達成。若くしてリーグ屈指の強打者へと成長を遂げ、「怪童」の異名を取るスラッガーとして一時代を築いた。

 投手で高卒2年目に大きな飛躍を果たした選手としては、現在のところNPBにおける最後の完全試合達成者となっている槙原寛己氏が挙げられる。プロ初年度は一軍登板が一度もなかった槙原氏だが、2年目の1983年に12勝9敗1セーブ、防御率3.67という好成績を残して大きく飛躍。同年の新人王にも輝くと、その後も巨人の主戦投手として長年活躍した。

 また、近年においても、松坂大輔投手、田中将大投手、藤浪晋太郎投手といった、高卒1年目からいきなり2桁勝利を挙げた選手たちも存在。野手では清原和博氏が高卒1年目の1986年に打率.304、31本塁打78打点、という高卒新人離れした成績を残しており、2年目と言わず1年目から圧巻のプレーを披露した選手たちも過去には存在している。

 今回は、1990年から2018年までのNPBにおいて、高卒1年目に比べて2年目に大きく成績を伸ばした選手たちの一部を紹介。先ほど述べた逸材たちの今後を占うにあたって、名選手たちのブレイクの軌跡を振り返っていきたい。


・前田智徳氏(1991年・広島)
129試合 107安打 4本塁打 25打点 14盗塁 30犠打 打率.271 出塁率.329 OPS.688

 前田氏は熊本工業高校から1989年のドラフト4位で入団。指名順位からもわかる通り、決して多くのスポットライトを浴びて入団したわけではなかったが、その才能は早い段階から開花していく。高卒1年目の1990年に56試合に出場して打率.256という数字を残すと、翌年は一気に中堅手のレギュラーを獲得。同年のリーグ優勝にも大きく貢献し、20歳の若さにして早くも中心選手の座を手中に収めた。

 翌1992年から3年連続で打率.300超えを記録し、走攻守の三拍子が揃った名手として活躍を続けた。しかし、1995年に負った大ケガの影響もあり、プロ入り当初のスピードは後に失われてしまう。それでも、2度のアキレス腱の手術を乗り越え、打率.300超えを幾度となく達成。相次ぐ故障と戦いながらチーム一筋24年間の現役生活を送った前田氏は、その打撃への飽くなき探求心も相まって、カープファンからの絶大な支持を受け続けた。

・松井秀喜氏(1994年・巨人)
130試合 148安打 20本塁打 66打点 6盗塁 1犠打 打率.294 出塁率.368 OPS.843

 星稜高校時代に甲子園で5打席連続で敬遠されるという伝説を作った松井氏は、高卒1年目の1993年から57試合に出場して11本塁打をマーク。しかし、打率.223とまだ確実性には欠け、本格ブレイクには至らなかった。しかし、2年目の1994年には全ての部門で打撃成績を大きく向上させ、高卒2年目ながら巨人の主軸として活躍。その後も目覚ましい活躍を続け、「ゴジラ」の愛称で親しまれるスター選手へと成長していった。

 本塁打王、打点王、最高出塁率、シーズンMVPを各3度、首位打者も1度とさまざまなタイトルを獲得し、球界を代表する長距離砲として君臨。2002年には打率.334、50本塁打107打点と、あと少しで三冠王という驚異的な成績を記録した。2003年にヤンキースに移籍してからもMLB随一の名門球団の主力に定着し、2004年には打率.298、31本塁打108打点を記録。2009年には日本人初となるワールドシリーズMVPにも輝いている。

・ダルビッシュ有投手(2006年・北海道日本ハム)
25試合 12勝5敗 149.2回 115奪三振 防御率2.89

 東北高校時代から超高校級右腕として注目を集めていたダルビッシュ投手は、プロ1年目の2005年から14試合で5勝5敗、防御率3.53とその能力の片りんを見せる。続く2006年にはその才能を一気に開花させ、先発ローテーションの一員としてチームのリーグ優勝と日本一に大きく貢献。2007年からは5年連続で防御率1点台という群を抜いた投球を披露し、球界を代表する先発投手として広く認められる存在となった。

 3度の最多奪三振、2度の最優秀防御率、1度の最優秀投手(現在の最高勝率)に加え、2度のMVP、1度の沢村賞と数々のタイトルを受賞した。2012年に米国に戦いの場を移してからもその活躍は続き、MLB1年目の2012年にいきなり16勝を記録。続く2013年にはサイ・ヤング賞の投票で2位に入る快投を披露した。故障もありながらMLBで4度の2桁勝利を記録し、その高い能力を世界最高峰の舞台でも見せつけている。

・涌井秀章投手(2006年・西武)
26試合 12勝8敗 178回 136奪三振 防御率3.24

 涌井投手はプロ1年目の2005年こそ13試合で1勝6敗、防御率7.32とプロの壁に跳ね返されたが、続く2006年には早くも先発ローテーションに定着して一線級の成績を残す。2007年には高卒3年目にして213回を投げ、17勝10敗、防御率2.79という素晴らしい成績で最多勝を受賞。獅子のエースとして翌2008年の日本一にも貢献すると、2009年にも16勝6敗、防御率2.30で2度目の最多勝に輝き、自身初となる沢村賞の栄誉も手にした。

 2006年から5年連続で2桁勝利を記録するなど先発として活躍を続けていた涌井投手だが、2012年にはシーズン途中にクローザーに配置転換されると30セーブを記録し、あらためてその能力の高さを証明。2014年に千葉ロッテへ移籍してからは再び先発に固定され、2015年には15勝を記録して自身3度目の最多勝を獲得。新天地でもエースとして活躍したが、2020年からは3球団目となる楽天に移籍。ベテラン右腕の今後の活躍にも期待だ。

・前田健太投手(2008年・広島)
19試合 9勝2敗 109.2回 55奪三振 防御率3.20

 前田投手はプロ1年目の2007年は一軍登板がなかったものの、その年のオフに球団からエースナンバーの「18」を与えられる。前田投手はその期待に応えて2年目に飛躍を果たし、シーズン途中から先発に定着して及第点以上の成績を残す。翌2009年には8勝14敗に終わったものの、193回で防御率3.36と安定した投球を継続。そして、2010年には最多勝、最多奪三振、最優秀防御率の投手三冠に輝き、沢村賞も獲得。一躍スターダムを駆け上がった。

 その後も広島のエースとして活躍を続け、最優秀防御率が3度、最多勝、最多奪三振、沢村賞がそれぞれ2度と素晴らしい投球を披露。2016年にドジャースに移籍してからもその活躍は続き、2016年にはMLB1年目ながら16勝を記録。その後も先発と中継ぎの双方で奮闘し、ポストシーズンでは勝負強い投球でセットアッパーとしても活躍。渡米後の4年間で3度の2桁勝利を記録し、強豪チームの中でも確かな存在感を放った。

・坂本勇人選手(2008年・巨人)
144試合 134安打 8本塁打 43打点 10盗塁 15犠打 打率.257 出塁率.297 OPS.650

 プロ1年目の2007年は4試合の出場にとどまったが、2008年に早くもレギュラーを獲得して全試合に出場。チームの奇跡的な逆転優勝にも大きく貢献すると、それ以降は巨人の不動のショートとして走攻守にわたって活躍を続けていく。プロ3年目の2009年には打率.306を記録し、2010年には打率こそ.281に落としたものの31本塁打を放った。2012年には自身初の打撃タイトルとなる最多安打を受賞した。

 その後も守備の負担の大きい遊撃手を務めながらレギュラーとして出場を続け、2016年には打率.344、出塁率.433で首位打者と最高出塁率の二冠を獲得。2019年には自身初の40本塁打を放ってチームのリーグ優勝にも大きく貢献し、初のリーグMVPも獲得。名実ともに2010年代の巨人を象徴する選手の一人となり、攻守にわたって華のあるプレーを見せて主将としてもチームをけん引し続けている。

・大谷翔平投手(2014年・北海道日本ハム)
投手成績:24試合 11勝4敗 155.1回 179奪三振 防御率2.61
打撃成績:87試合 58安打 10本塁打 31打点 1盗塁 0犠打 打率.274 出塁率.338 OPS.842

 花巻東高校時代に160km/hの速球を投じて話題となった大谷投手は、プロ1年目から「二刀流」として投手で13試合、野手で77試合に出場。防御率4.23、打率.238とここではプロの壁に跳ね返されたが、続く2014年には早くもその潜在能力の片りんを披露。投手としては規定投球回に到達して11勝、野手としてもOPS.842と双方で一流クラスの成績を記録。NPB史上初めて、10勝と10本塁打を同一年度に達成した選手となった。

 その後も二刀流として過去に類を見ない活躍を続け、2015年には最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠を獲得。2016年には投手で10勝・防御率1.86、野手で22本塁打・打率.322の大活躍でリーグMVPに輝き、投手と指名打者の2部門でベストナインに選ばれるという前代未聞の快挙を達成した。エンゼルスに移籍後もその活躍は続き、2018年にはアメリカン・リーグの新人王を受賞。2019年には日本人史上初めて、MLBでのサイクルヒットを記録している。

・松井裕樹投手(2015年・楽天)
63試合 3勝2敗12ホールド33セーブ 72.1回 103奪三振 防御率0.87

 桐光学園高校時代に甲子園で1試合22奪三振という驚異的な投球を披露して注目を集め、プロ1年目の2014年は先発としてプレー。27試合で4勝8敗ながら防御率は3.80で、投球回を上回る奪三振数(116回で126奪三振)と内容は及第点以上だった。ただ、抑えに転向したプロ2年目の投球内容はまさに圧巻。高卒2年目で防御率0点台、33セーブ、リリーフで100奪三振という数字を並べるだけでも、その活躍ぶりが伝わってくる。

 その後もリリーフとしてフル回転の活躍を続け、5年間で4度の30セーブ超えを達成。2018年には史上最年少で通算100セーブに到達し、2019年には自身初となる最多セーブのタイトルも獲得した。球界屈指のクローザーへと成長した松井投手だが、2020年からは再び先発に転向。開幕から先発を務めるのは1年目以来となるが、最終回という修羅場を幾度となく経験し、大きく進化した姿を新たな持ち場でも見せてくれるだろうか。

・森友哉選手(2015年・埼玉西武)
138試合 136安打 17本塁打 68打点 0盗塁 0犠打 打率.287 出塁率.357 OPS.825

 大阪桐蔭高校時代から強打の捕手として注目されていた森選手は、プロ1年目の2014年に41試合で打率.275、6本塁打と早くもその打撃センスの一端を垣間見せると、続く2015年には高卒2年目にしてレギュラーを獲得。指名打者や外野手として出場を続けて規定打席にも到達し、続く2016年にも同様の起用法で活躍。同年の終盤戦には捕手に復帰するが、2017年は故障の影響で38試合の出場にとどまってしまう。

 守備の負担が非常に大きい捕手に戻ったものの、森選手の卓越した打撃センスはその後もより凄みを増していった。2018年は正捕手として136試合で打率.275、16本塁打80打点、を記録し、リーグ優勝に大きく貢献。2019年には打率.329、23本塁打105打点とさらに成績を伸ばし、捕手として史上4人目の首位打者と、自身初のリーグMVPも受賞。まだ24歳という若さでリーグ屈指の捕手となり、攻守の両面で右肩上がりの成長を続けている。

・山本由伸投手(2018年・オリックス)
54試合 4勝2敗32ホールド1セーブ 53回 46奪三振 防御率2.89

 山本投手は2016年のドラフト4位と、決して多くの注目を集めてのプロ入りではなかったが、今やその才能を疑うものはいないだろう。プロ1年目の2017年は二軍で8試合に登板して防御率0.27という驚異的な数字を残したが、一軍では5試合の登板で1勝1敗、防御率5.32にとどまった。しかし、翌2018年に速球と鋭く落ちるフォークを武器に中継ぎとして大車輪の活躍を見せ、初めてオールスターにも選出されるなど飛躍の1年を過ごした。

 翌2019年に先発に再転向するとその投球はさらに切れ味を増し、シーズン初登板となった4月3日の福岡ソフトバンク戦で8回1死まで無安打投球を披露。その後も安定感抜群の投球を続け、ケガもあって20試合の登板で8勝にとどまったものの、防御率1.95という非常に高水準な成績を残した。シーズン最終登板で晴れて規定投球回にも到達し、見事に自身初タイトルとなる最優秀防御率の栄冠に輝いた。

後の大リーガーを4人輩出した「高卒2年目の躍進」に要注目!

 以上のように、後にMLBでも活躍した選手や、NPBにおいて大きなインパクトを残した選手たちが数多く顔をそろえる結果となった。やはり、若くしてレギュラーを獲得したり、先発やリリーフとしてチームの骨格を担う存在まで成長した選手たちは、往々にして長期にわたって球団を主軸として支えられるだけの才能を備えているようだ。

 今季ブレイクを果たす高卒1年目、あるいは2年目の選手がいれば、その選手たちの今後の活躍にも大いに期待ができるだろう。多くの逸材がひしめく現在のNPBにおいて、先輩たちのようにいち早く台頭を見せる選手が現れるか。各チームの中長期的な展望にも良い意味で影響をもたらす若き力の躍動が、2020年にも見られることに期待したい。


文・望月遼太

campaign

関連リンク