気になる選手のしぐさに、あの実況のまとめも!? パーソル パ・リーグTV厳選ベスト100 Part.17

2020-04-13 14:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
(C)パーソル パ・リーグTV

(C)パーソル パ・リーグTV

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルでは、「パーソル パ・リーグTV厳選BEST100」と題し、2012年以降の動画を100本公開した。懐かしのあの名場面や、いまはメジャーに渡ったあのスターの活躍など、見どころ盛りだくさんの内容となっている。

 今回は、その中でも公開中の5本をピックアップ。その他の動画も、「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルで要チェックだ。

Part.1はこちら Part.2はこちら
Part.3はこちら Part.4はこちら
Part.5はこちら Part.6はこちら
Part.7はこちら Part.8はこちら
Part.9はこちら Part.10はこちら
Part.11はこちら Part.12はこちら
Part.13はこちら Part.14はこちら
Part.15はこちら Part.16はこちら

フィールド上の「しぐさ」、癖になるあの実況アナウンス…… 往年の名シーンも!

妖精もいます…… ロジンバッグをさわる仕草まとめ
 投球前につける滑り止めのロジンが入った「ロジンバッグ」。さわればロジンが出てくるのだが、そっと触れたり、手の中で躍らせてみたり、祈るように手を添えてみたりとロジンの出し方は投手によってさまざま。北海道日本ハムの加藤貴之投手はロジンに包まれる様子から「ロジンの妖精」と呼ばれている。ふわりと舞う白い粉、個性あふれるしぐさをご覧あれ。

みなさんご一緒に…… 「It’s gone!!」まとめ
 野球の華と呼ばれるホームランは、その興奮を伝える実況アナウンサーの腕の見せどころでもある。北海道日本ハム主催試合ですっかりおなじみの実況アナウンス「It’s gone!!」は、パ・リーグ好きの方なら一度は聞き、そして耳に残ったのではないだろうか。美しい放物線とファンの歓声、そして思わず真似したくなるバリエーション豊かな「It’s gone!!」をどうぞ。

非合理的と言われようとも…胸熱ヘッスラまとめ
 ベースに向かって一直線、頭から飛び込む「ヘッドスライディング」特集。駆け抜けた方が早かったり、けがのリスクの観点から非合理的であるとも言われている。しかし、貪欲にセーフをもぎ取ろうとする姿は、そんな声さえも吹き飛ばしてファンを熱くさせる。もはやアウト、セーフは関係なしに、熱くしたもの勝ちのヘッドスライディングをお楽しみください。

劇的!球界屈指の安打製造機による優勝決定打
 1996年9月23日のオリックス・ブルーウェーブの優勝シーン。この日ブルーウェーブは、優勝争いを繰り広げた日本ハムファイターズとの直接対決をイチロー選手の劇的なサヨナラ安打で勝利した。これでリーグ2連覇を達成し、阪神淡路大震災の傷跡残る地元・神戸に希望を与えた。その感動を貴重な当時の映像とともに追体験してみてはいかがだろうか。

思わず見てしまいがち。選手の好きな仕草は?
 プロ野球選手にはそれぞれのルーティンがある。中でも福岡ソフトバンク・松田宣浩選手の「ケンケン」は、見た目のインパクトが先行しがちだが、調子のバロメータとも言われるほど大切なもの。他にもヘルメットに触れてみたり、体をひねってみたり……その「しぐさ」にどんな効果があるかは本人にしかわからないかもしれないが、それを探るのもひとつの楽しみだろう。

今回ご紹介した動画の視聴はこちらから

文・丹羽海凪

campaign

バックナンバー