若きエース候補のプロ初勝利に、涙の引退試合も! 「パ・リーグプレイバック」2015-2016年千葉ロッテマリーンズ編

2020-04-13 19:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
千葉ロッテマリーンズ・二木康太投手(C)パーソル パ・リーグTV

千葉ロッテマリーンズ・二木康太投手(C)パーソル パ・リーグTV

あの試合の、あの感動をフルイニングでもう一度。

「パーソル パ・リーグTV」は、「パ・リーグ プレイバック」としてパ・リーグの記録に、そしてファンの記憶に残る試合をまとめた特設ページを開設。2012年から2019年まで順次動画をアップしている。最近ファンになった方も、ずっと前からファンの方も思い出のあの試合を振り返ってみてはいかがだろうか。

 今回は2015年と2016年の千葉ロッテの印象的な4試合をピックアップ。その他の試合も、「パ・リーグ プレイバック」特設ページでチェックだ。

「エリア66」のファインプレーに胸が熱くなる……千葉ロッテマリーンズ2015-2016 ピックアップ

2015年5月31日 対横浜DeNA戦
 横浜DeNAとの交流戦、3戦目。初回からキャプテン・鈴木大地選手が先制ソロを放つと、3回裏にも根元俊一選手と荻野貴司選手のタイムリーで一挙4点を挙げ、試合の流れをつかむ。すると先発した大嶺祐太投手は6回まで無失点と粘投を見せる。終盤に2点差まで追い上げられるも、8回裏に2点を追加し4点差で迎えた9回表、最後は岡田幸文選手のスーパーキャッチで試合終了。「エリア66」をいかんなく発揮したファインプレーを見てほしい。

2015年6月30日 対楽天戦
 この日の先発は対戦相手の楽天に相性が悪かった石川歩投手。それでも初回を石川投手が3人で終えると、打線は楽天の先発・則本昂大投手を攻略する。1回裏、デスパイネ選手の3ランで先制し、その後も得点を重ね8点の大量援護を石川投手にプレゼント。援護を受けた石川投手は11奪三振でこの年2度目の完封勝利を挙げ、お立ち台でもおなじみの「絶景です!」を披露した。

2016年4月12日 対楽天戦
 開幕から先発ローテーション入りを果たした二木康太投手だったが、ここまで2試合に先発も勝利を挙げられずにいた。初回から走者を許しながらも0で終えると、プロ未勝利の若き右腕に打線も奮闘を見せる。2回表、鈴木大地選手の犠飛で先制。6回表には井口資仁選手が2点タイムリーを放ち、7回表にも4点を追加した。7点のリードをもらった二木投手は9回に1点を奪われるも、133球の熱投でプロ初勝利をつかんだ。今後の活躍も期待される二木投手のメモリアルな投球をご覧あれ。

2016年9月25日 対オリックス戦
 22年のプロ生活に別れを告げるサブロー選手の引退試合が行われた。サブロー選手は「4番・DH」で先発出場。スタンドはもちろん、球場外でパブリックビューイングも行われ、多くのファンが詰めかけた。試合は初回から先制を許し、2点ビハインドで迎えた9回裏、サブロー選手に最終打席が回る。名物「サブローーーーー!」のアナウンスが長く響き、ファンの応援も一層大きくなる。それに応えるように二塁打を放ち、ファンの大歓声に目をうるませた。その感動をもう一度、振り返ってみてはいかがだろうか。

「パ・リーグ プレイバック」千葉ロッテマリーンズ特設ページ

文・丹羽海凪

campaign

他球団の「プレイバック」はこちら!