まさに神業!魔球「イーファスピッチ」を披露。かわいすぎる始球式も。パーソル パ・リーグTV厳選ベスト100 Part.20

2020-04-15 17:00 「パ・リーグ インサイト」編集部
(C)パーソル パ・リーグTV

(C)パーソル パ・リーグTV

「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルでは、「パーソル パ・リーグTV厳選BEST100」と題し、2012年以降の動画を100本公開した。懐かしのあの名場面や、いまはメジャーに渡ったあのスターの活躍など、見どころ盛りだくさんの内容となっている。

 今回は、その中でも公開中の5本をピックアップ。その他の動画も、「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルで要チェックだ。

Part.01 Part.02 Part.03 Part.04
Part.05 Part.06 Part.07 Part.08
Part.09 Part.10 Part.11 Part.12
Part.13 Part.14 Part.15 Part.16
Part.17 Part.18 Part.19

熱い戦いを制したのは甲子園を沸かせたあの人!「神スイング」ならぬ「神ピッチング」も

最後は神対応も…… 稲村亜美さんが始球式に
 試合前の始球式に登場したのは「神スイング」で話題となったタレント・稲村亜美さん。約9年間の野球経験を持つ稲村さんは「神スイング」と同様素晴らしい「神ピッチング」で見事ストライクゾーンに投げ込む。するとバッターボックスに立った北海道日本ハム・陽岱鋼選手(現・巨人)がまさかの反撃に出る?さらに投球後にはマウンドの土をならす気遣いが垣間見えるシーンも。

二刀流vs神スイング!? 稲村亜美さんの見事な投球
 2016年、ヤフオクドーム(現・PayPayドーム)の始球式に登場したのは「神スイング」でお馴染みのタレント・稲村亜美さん。そして打席に立ったのは北海道日本ハム・大谷翔平選手(現・エンゼルス)。惜しくもストライクゾーンではなかったがノーバウンドの見事な投球を見せ、球場一体が大歓声に包まれた。「二刀流・大谷翔平」と「神スイング・稲村亜美」の熱い戦いをご覧いただきたい。

勝敗は!? TV局対抗スピードガンコンテスト
 2014年、QVCマリンフィールド(現・ZOZOマリンスタジアム)で行われた千葉ロッテ対オリックスの試合前にテレビ局対抗スピードガンコンテストが開催された。優勝者は始球式の権利が付与されるこのコンテストには、各局のスポーツ番組を担当するアナウンサーやタレントの方々が出場。中でも注目していただきたいのは、高校時代に甲子園で埼玉西武・松坂大輔投手との投げ合いで甲子園を沸かせたあのアナウンサー。マウンドの後ろで見守るマスコットたちのかわいらしい表情も要チェック。さて、始球式の権利を勝ち取ったのは一体誰なのか。

眩しい笑顔と見事な投球!! 松井愛莉さんの始球式
 2014年、千葉ロッテの本拠地開幕戦に登場したのは当時ロッテ製品のCMに出演し、アイドルとして活動していた松井愛莉さん。171cmの長身から美しい投球フォームを披露すると、ボールはノーバウンドで捕手のミットに納まった。見事な投球はもちろん、かわいすぎる笑顔にスタンドからはどよめきの声。ノーバウンド投球と眩しい笑顔をあわせてご覧いただきたい。

やっぱり最後はこれ!! 超ド級の「スローボール」
 2014年6月1日、札幌ドームで行われた北海道日本ハム対阪神の一戦。4番手で登板した北海道日本ハム・多田野数人投手がイーファスピッチを披露。イーファスピッチとは大きな弧を描くようなスローボールを指し、プロ野球の試合で披露されることは極まれだ。

 北海道日本ハムの3点ビハインドで迎えた8回表、4番手として登板した多田野投手が阪神の4番・ゴメス選手に対して、4球目にイーファスピッチを披露。あまりに大きすぎる弧を描いたためボールは一瞬画面外に!超スローボールに呆然とするゴメス選手にも注目。さて、多田野投手の投球はストライク判定となったのか?


今回ご紹介した動画の視聴はこちらから

文・後藤万結子

campaign

バックナンバー