エルネスト・メヒア~再び獅子の救世主になれるか。来日7年目を迎えたベテラン助っ人~(埼玉西武ライオンズ)【インサイト的選手名鑑】

2020-04-22 16:00 「パ・リーグ インサイト」望月遼太

《THE FEATURE PLAYER》NPB通算100本塁打!!ライオンズ・メヒアの『打った瞬間』まとめ(C)パーソル パ・リーグTV

エルネスト・メヒア/内野手

#99/1985年12月2日生まれ
198cm・118kg/右投右打


 2014年5月に来日すると、シーズン途中入団ながらいち早く日本球界に適応を見せ、およそ11.6打席に1本という驚異的なペースでアーチを量産。シーズン終了時には106試合で打率.290、34本塁打73打点という成績で、チームメイトの中村剛也選手と本塁打王のタイトルを分け合った。シーズン途中入団の選手が本塁打王に輝いたのは、長いNPBの歴史の中でもメヒア選手が初めて。まさに歴史的な快挙だった。

 2015年に27本塁打89打点、2016年に35本塁打103打点と主砲としての役割を果たし続け、2017年の5月には早くもNPB通算100本塁打に到達。198cm・118kgという恵まれた体格から放たれる豪快なスイングは迫力満点で、同じベネズエラ出身でかつてライオンズで大活躍したアレックス・カブレラ氏を彷彿とさせるような、打った瞬間にそれとわかる圧巻のアーチは見るものを魅了してきた。

 順調にアーチを量産してきた助っ人にかげりが見え始めたのは2017年。19本塁打53打点にとどまって来日以来初めて20本塁打を割り込むと、2018年は9本塁打21打点と成績はさらに下降し、翌2019年は故障の出遅れも合間って代打待機となり、6本塁打31打点に終わった。気づけば来日7年目の今季。圧倒的なパワーを誇るベネズエラの大砲は、強力打線にさらなる厚みを加える存在となれるだろうか。

メヒア選手をもっとよく知るために。パ・リーグ インサイトの過去の記事

日本球界にフィットした外国人選手たち
 先述のウィーラー選手や後述のレアード選手らと共に、メヒア選手についても記事の最後で取り上げられている。年を経るごとに成熟しつつあった打撃は2017年を境にやや陰りが見えつつあるが、今季こそは本来の実力を発揮して主砲の座に返り咲いてほしいところだ。

もう一度伝説を打ち立てられるか。埼玉西武打線が誇る2人の「キング」
 メヒア選手の「シーズン途中入団での本塁打王」が史上初の記録だったことは先述した通りだが、メヒア選手と中村選手が同年に達成した「同一球団から2人の本塁打王」という記録も、2リーグ制導入以降では初となる快挙だった。中村選手は昨季打率.265、28本塁打と健在を印象付けただけに、メヒア選手の復活にも期待だ。

埼玉西武メヒアが球団9000号のメモリアルアーチ「ライオンズは素晴らしい球団」
 楽天のクローザー・松井裕樹投手から放った一発は、球団にとっても記念すべき節目の一発となった。今季で在籍6年目を迎えた助っ人は、「歴史ある球団で多くの先輩方と名前を残せて嬉しい」「素晴らしい人たちに恵まれて、チームの一員として戦えて幸せだよ」と、喜びと共にチームに対する愛着も語っている。

なぜ、メヒアは松井裕樹をあれだけ打てたのか? 3打席の詳細から理由を探る
 楽天・松井裕樹投手に対し、通算20打数9安打5本塁打9打点4四球、打率.450 OPS1.792と驚異的な数字を残しているメヒア選手。なぜメヒア選手が球界最高のクローザーの一人である松井投手からこれだけの好成績を収められたのか、実際の投球を基にひも解いている。


文・望月遼太

campaign