【球界と共に3】楽天元社長が明かす東日本大震災時の裏側 球界と星野監督が示した覚悟

2020-04-29 20:31 「Full-Count」編集部
楽天でオーナー兼球団社長を務めた島田亨さん※写真提供:Full-Count(写真提供:株式会社 USEN-NEXT  HOLDINGS)

楽天でオーナー兼球団社長を務めた島田亨さん※写真提供:Full-Count(写真提供:株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS)

島田亨さんインタビュー後編、東日本大震災時の経験を語る

 新型コロナウイルスの猛威を受け、プロ野球は未曾有の危機に立たされているが、2011年に東日本大震災の影響で開幕が延期された経験からは、何らかの教訓を抽出できるはずだ。当時被災地に本拠地を置く東北楽天ゴールデンイーグルスでオーナー兼球団社長の重責を担っていた島田亨さん(現USEN-NEXT HOLDINGS取締役副社長COO)が振り返った。

 2011年3月11日、地震の発生は午後2時46分。島田さんは東京・品川にあった楽天本社(当時)2階のミーティングルームにいて会議中だった。「ものすごく大きな長い揺れが来たわけですが、僕は揺れている最中に、ニュースやインターネットの情報を見るまでもなく、『これは宮城だ』と直感しました」

 というのも、球団は3年前の08年同年6月14日にも、午前8時43分発生の岩手・宮城内陸地震に見舞われ、本拠地Kスタ宮城(現:楽天生命パーク宮城)で行われる予定だった巨人戦を急きょ中止する経験をしていた。さらに30年以内に必ず宮城沖で大きな地震が起こるとの予測もあり、本拠地にAED(自動体外式除細動器)を設置し、講習を行うなど準備をしていたのだ。

「ですから、揺れが収まると、僕は16階の自分のデスクがある部屋に階段で駆け上がり、仙台の球団事務所に電話をかけました。まだ津波は来ていませんでしたが、事務所の壁がひび割れて大変な状況になっていると聞き、すぐに仕事を打ち切って対策に入りました」

 島田さんは12球団オーナー会議の議長も務めていたが、当初セ・リーグは予定通り3月25日開幕、パ・リーグは延期を主張し、いったんは分離開幕が決まるなど紛糾した。「実感値がない球団さんもあって、普通に『やれるよ』とおっしゃる方もいた。原子力発電所の事故で節電が求められている中で、ナイター開催を主張する球団もあって、正直言うと調整にはかなり手間取りました。一方、本拠地球場に液状化が起こっていた千葉ロッテさんなど、実感値がある球団さんは支援してくれましたね」。結局、プロ野球選手会や文科省からの要望もあり、4月12日のセ・パ同時開幕に落ち着き、東北電力・東京電力管内では4月中のナイター開催を自粛した。

 チームにも空中分解の危機があった。震災発生時に兵庫県明石市で千葉ロッテとオープン戦を行っていた一行は、仙台に戻れない期間が約1か月に及び、他球団の施設を間借りしながら調整を続けた。「いま帰らないで、いつ帰るのか」と涙ながらに訴える選手もいたが、球団は混乱を極めていた被災地の状況、交通の遮断、シーズンに向けて調整しなければならないことなど、あらゆる面を考慮して見送った。

「いま仙台に帰ることは許さん」チームの空中分解危機を抑えた星野監督

 当時就任1年目の星野仙一監督(18年1月死去)は「いま帰ることは許さん」とキッパリ言った。険悪なムードが流れ「こんな監督の下ではやってられない」との声まで上がった。島田さんは「星野さんは悪者役を買って出てくれたのです。あらゆる状況をひっくるめて、野球人の顔で『おまえたちがやるべき仕事は野球だ』とだけおっしゃった。あいまいな態度ではとても抑えられない状況でした。後々選手たちは監督の意図を理解してくれて報われましたが、当時は辛かったと思います」と言う。

 チームが震災発生後、初めて仙台に戻れたのは4月7日だった。翌日に監督・コーチ・選手が4グループに分かれ被災地の避難所などを訪問する予定だったが、その日の午後11時32分に震度6強という最大の余震が発生。「翌日の被災地訪問に新たなリスクが生まれました。しかし、僕は夜の時点で『監督がOKならやろう』と言いましたし、監督は迷わず『行くぞ』と号令をかけてくださった。待たされ続けて帰ってきた選手たちは、何があっても行くという気持ちでいましたから、止められたら大暴動が起きていたかもしれません。微妙な判断でしたが、星野監督はリーダーとして素晴らしいと思いました」と振り返る。チームは被災者に寄り添い、共感を受け、同年こそ5位に終わったものの、その思いは2年後の球団創設初優勝、日本一へつながっていった。

 一方で「僕は球団社長をやり、オーナー会議の議長をやり、楽天本社の役員でもあった。本社では三木谷浩史さんが東京に残り、僕は主に大阪を担当することになった。僕は宮城に行かなければならないのに、逆に西に仕事ができたのです。本当に限られた時間の中で、選手、球団職員の手当てはなんとか指示できたと思っていますが、選手や職員の向こう側にいるご家族のために、何をしなければならないかについて考えが至らず、後手後手になってしまいました。現場の職員に『いま、こういうことをやらないといけないと思います。いいですか? やりますよ?』と叱咤されていました。それが後悔であり、反省です」と忸怩たる思いも忘れていない。

 いま球界では、新型コロナウイルスの脅威と戦う一方で、1月に福岡ソフトバンクの王貞治球団会長が16球団構想を語ったことをきっかけに、エクスパンション(球団数拡張)の機運が高まりつつある。

 島田さんは「僕は球団を離れて随分たつので、具体的な情報を全く持っていない。あくまで私見」と前置きした上で「個人的には16球団にした方がいいと思います。1つには、日本には16球団を抱えても十分運営できるマーケットがあり、支えられる都市もあるということ。それにセ、パ両リーグとも、6球団中3球団がもう1度ポストシーズンで競い合う現状はナンセンスだと思います。ポストシーズンはやらないよりはやった方がいいけれど、8球団ずつの方がいい。プロ野球にとって最大の商品は試合であり、トーナメントのしくみ、ルールは1番重要です。その上にチームがあり、選手がいるのだと思います」と語る。現在は球界と距離を置いているが、東日本大震災という危機を当事者として乗り越えただけに、関心、愛情は変わらない。

 島田亨(しまだ・とおる) 1965年3月3日、東京都生まれ。2004年12月に東北楽天ゴールデンイーグルスの代表取締役社長に就任。08年1月からオーナーを兼務。12年7月、海外赴任に伴い退任。14年に楽天株式会社代表取締役副社長に就任。16年3月に同社を退社。17年3月、U-NEXT(現USEN-NEXT HOLDINGS)取締役副社長COO就任。トランスコスモス社外取締役ほか、長年エンジェル投資家としても活動、複数企業の経営をサポートしている。

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)