北海道日本ハムがチャリティTシャツの受注販売を発表 「白衣」で医療従事者を支援

2020-05-18 18:24 「パ・リーグ インサイト」編集部
チャリティTシャツを着た中島卓也選手【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】

チャリティTシャツを着た中島卓也選手【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】

医療現場の最前線で戦う「ファイター」を支援する「ユニフォーム」であり「白衣」

 北海道日本ハムファイターズは18日、医療従事者への支援・サポートを目的としたチャリティTシャツ「THANKS MEDICAL WORKERS Tシャツ」の受注販売を発表した。

 チャリティTシャツのコンセプトは「白衣」と「ユニフォーム」。白衣などの「ユニフォーム」を着て医療現場の最前線で戦ってくれている医療従事者の方々はまさに「ファイター」であり、普段「ユニフォーム」を着て試合に挑む「ファイターズ」から、医療従事者の方々への敬意と感謝を表現すべく、ファイターズのユニフォームのデザインをシンプルな「白衣」へとアレンジした。

 この商品の売上による収益の一部は、新型コロナウイルス対策に奔走する医療現場への寄付に活用されるということだ。1枚のTシャツが、医療現場への実質的支援と、医療従事者の方々へ寄り添う気持ちを身にまとう2つのアクションにつながる。

 この支援に選手からもコメントが寄せられた。宮西尚生投手は、「一人ひとりの力は小さいですが、集まれば大きな力になります。ファイターズファミリーみんなで力を合わせていきましょう」とコメント。杉浦稔大投手は「このTシャツを着ることが医療従事者の方々への感謝の思いを表す形の一つになればと思います」、中島卓也選手は「このTシャツの収益の一部は医療分野への支援になります。ご協力よろしくお願いします」と語った。

 また、マルティネス投手は「私たちの命を守ってくれている医療従事者の皆さんこそが真のファイターです」とコメント。近藤健介選手は「僕たちプロ野球選手は、応援してくださるということがすごく力になると知っています。だからこそ、今僕たちは、医療従事者の皆さんを応援したいと思っています」と述べた。

 サイズ展開はSからXLまでの4サイズで、価格は1枚3000円(税別)。ファイターズオフィシャルオンラインストアで、6月1日までの期間限定で受注販売されている。ファンもチームも一体となって医療の最前線で戦う「ファイター」を支援できる「白衣」をその身にまとってみてはいかがだろうか。

商品概要

【商品】THANKS MEDICAL WORKERS Tシャツ(S/M/L/XL)
【価格】3,000円(税別)
【販売場所】ファイターズオフィシャルオンラインストア
【受注期間】5月18日(月)12:00~6月1日(月)23:59
【お届け時期】6月24日(水)頃から順次発送予定


文・粟盛優佳

チャリティTシャツを着た・宮西尚生投手(左)とマルティネス投手(右)【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】

チャリティTシャツを着た・宮西尚生投手(左)とマルティネス投手(右)【写真提供:北海道日本ハムファイターズ】

関連リンク