埼玉西武中村、試合数減も個人記録は眼中なし 「チームが勝てばいいと思っています」

2020-05-26 18:11 「Full-Count」編集部
チーム練習に参加した埼玉西武・中村剛也(中央)※写真提供:Full-Count(写真提供:埼玉西武ライオンズ)

チーム練習に参加した埼玉西武・中村剛也(中央)※写真提供:Full-Count(写真提供:埼玉西武ライオンズ)

開幕に向け「チームのリーグ3連覇が目標」

 埼玉西武の中村剛也内野手が26日、メットライフドームでの分離練習後にオンライン取材に対応。6月19日のプロ野球開幕に向け「練習試合もあるので時間がないという焦りはないです」と語った。

 新型コロナウイルスの感染拡大により延期となったプロ野球が6月19日に開幕することが発表された。これを受け「自主練習期間が長かったが、やることはできましたし、体の張りもキープしながらできたのでこれから実戦に入っていければと思います」と、これまで行ってきた調整に自信を見せた。

 試合数は120試合と減ることになるが自身の記録などは気にしていない様子で「個人の記録や数字は気にしていないです。チームが勝てばいいと思っています」ときっぱり。開幕まで残り1か月を切り、準備の難しさについては「キャンプもオープン戦もやってきていますし、開幕まで練習試合もあるので時間がないという焦りはないです」と問題ない様子。

 改めて開幕に向け「これからシーズンが始まっていきますが、終わった時にこの約2か月間がプラスに働いたといえるような成績を残したいです。チームのリーグ3連覇が目標なので、開幕までにやれることをしっかりやっていきたいと思います」と、リーグ3連覇を誓った。

(Full-Count編集部)