「プロ野球スピリッツ」を使用した6球団対抗オンラインゲーム大会「#パーソルチャリティマッチパ」の対戦カードが発表! 初日の見どころを紹介します

2020-05-29 19:30 「パ・リーグ インサイト」編集部

「パーソル パ・リーグTV」では、5月30日(土)31日(日)の17時より6球団対抗オンラインゲーム大会「#パーソルチャリティマッチパ」を無料ライブ配信します!(詳細はこちら) 選手の対戦組み合わせは以下の通りです!

「#パーソルチャリティマッチパ」開幕戦! 初日の見どころ!

「#パーソルチャリティマッチパ」開幕戦となる第1試合では、今季から楽天に加入し、プロ16年目のシーズンを迎えたベテラン右腕・涌井秀章投手と、昨季自身初のタイトルとなる「最高勝率」を受賞したオリックスのエース・山岡泰輔投手が対戦! 両投手ともに自身を先発させるのか、それとも他のチームメイトを先発に起用するのか?? リーグ屈指の先発右腕の熱戦に期待!

 第2試合のマッチアップは、昨季8勝を挙げブレイクし、今季から背番号「16」を背負う千葉ロッテ期待の若手・種市篤暉投手と、3年連続50試合登板を達成、福岡ソフトバンクのブルペンを支えるサウスポー・嘉弥真新也投手です! 種市投手は自身を先発マウンドへ送るのか、はたまた仲の良い大型新人・佐々木朗希投手を先発させるのか?? 対する嘉弥真投手はリーグ屈指の選手層の厚さを誇る若鷹軍団でどのようなオーダーを組んでくるのか? 自身の起用ポイントにも注目です!

 初日のトリを飾る第3カードは、昨季「最高出塁率」のタイトルに輝いた北海道日本ハムの巧打者・近藤健介選手と、リーグ連覇を果たした埼玉西武の先発の軸として活躍した4年目の若手右腕・今井達也投手のぶつかり合いに! 初日に出場する選手の中で唯一の野手である近藤選手は、打者ならではの感性を「プロ野球スピリッツ」でも生かし、第2試合までとは一味違うゲーム展開を観せてくれることに期待が高まります! 対する今井投手は、強力「獅子おどし打線」でホームランを量産できるか?? 先発投手の起用も要チェック!

練習試合前最後の週末も「パーソル パ・リーグTV」で!

 試合の模様は「パーソル パ・リーグTV」内特設ページと「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネルで無料ライブ配信! 観戦しながら「#パーソルチャリティマッチパ」のハッシュタグを付けてSNSでも盛り上がりましょう!!

※本大会はチャリティマッチになります。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、治療の最前線ではたらいている医療従事者の方々を支援するため、みなさまからの寄付を募ります。開催趣旨にご理解・ご賛同いただけましたら、ご負担にならない範囲で寄付のご協力をお願い致します。

「#パーソルチャリティマッチパ」概要

▼日時
2020年5月30日(土)、31日(日)17:00~

▼形式
・各日3試合(合計6試合) ※対戦カードは29日(金)発表予定
・対戦ゲームは「プロ野球スピリッツ(PS4版)<2020 更新版>」を使用
・オンラインリアルタイム対戦で6イニングを予定(延長なし)
・各球団2試合ずつ行い順位は各チームの勝率によって決定する

▼順位決定ルール
勝率の算出方法及び、同率となった場合は、以下の優先順位によって順位を決定。
1:勝率(=勝利数÷(総ゲーム数-引き分け))
2:勝利数
3:直接対戦カード内の勝敗数
4:得失点差(=総得点数-総失点数)
5:総得点数
6:総ヒット数

▼配信媒体
当日はリーグ公式動画配信サービス「パーソル パ・リーグTV」内の特設ページと、「パーソル パ・リーグTV Youtubeチャンネル」でライブ配信

パーソル パ・リーグTV「#パーソルチャリティーマッチパ」特設サイトパーソル パ・リーグTV YouTubeチャンネル

▼応援プレゼントキャンペーンについて
・参加方法:試合中『#パーソルチャリティマッチパ』と共に各球団への応援メッセージをTwitterへ投稿。応援のお礼として、毎試合抽選で2名様にサイン入りグッズをプレゼント

・賞品:試合に出場している選手の直筆サイン入り公式球
※感染予防・運送混雑防止のため一定の期間を置いてから発送。

▼チャリティについて
本企画趣旨にご賛同いただけるファンの皆様には、ご負担とならない範囲で寄付のご協力をお願いいたします。お預かりした寄付金と選手報酬の一部を日々新型コロナウイルス感染拡大防止のために治療の最前線ではたらいている医療従事者の方々の支援にお役立ていただくため、(認定)特定非営利活動法人 ジャパンハートへ( https://www.japanheart.org/)寄付する予定です。

寄付の受け付けはこちら

※「#パーソル チャリティマッチ パ」の詳細はこちらの特設ページよりご確認ください。


文・東海林諒平

関連リンク