初代王者は福岡ソフトバンクに!「#パーソル チャリティマッチ パ」振り返りレポート

2020-05-31 23:40 「パ・リーグ インサイト」編集部
優勝を決めた福岡ソフトバンク・岩嵜翔投手(C)パーソル パ・リーグTV

優勝を決めた福岡ソフトバンク・岩嵜翔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 日本社会が新型コロナウイルスの影響を強く受けている現在。今こそプロ野球の力でファンのみなさまに少しでも笑顔を届けるため、パシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)が、2011年に実施したパ・リーグ6球団の社会貢献プロジェクト「POWER OF BASEBALL(パワー オブ ベースボール)」の活動を改めて実施しました。

 その第1弾として、5月30日(土)31日(日)の2日間にわたって開催された、「#パーソル チャリティマッチ パ」は、「パーソル パ・リーグTV」特設サイト&「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネルで約31万人以上の視聴者数を記録。今回は、大好評のうちに終わった、6球団対抗オンラインゲーム大会の模様を振り返ります!

【第1試合】楽天・涌井秀章投手VSオリックス・山岡泰輔投手

「#パーソル チャリティマッチ パ」開幕戦となった第1試合では楽天・涌井秀章投手と、オリックス・山岡泰輔投手が対戦。リーグを代表する先発右腕の対決は序盤から緊迫した投手戦にとなったが、迎えた最終6回裏に涌井投手が操作する島内宏明選手にサヨナラ打が生まれ、楽天が1対0で勝利。涌井投手は試合中、話術でも山岡投手に攻撃するなど、余裕のある戦いっぷりを見せ、6回表2死から登板させた自身に白星を付けました!

サヨナラ打を放った楽天・涌井秀章投手。劇的な幕切れに思わず笑顔が(C)パーソル パ・リーグTV

サヨナラ打を放った楽天・涌井秀章投手。劇的な幕切れに思わず笑顔が(C)パーソル パ・リーグTV

【第2試合】千葉ロッテ・種市篤暉投手VS福岡ソフトバンク・嘉弥真新也投手

 第2試合は、千葉ロッテ・種市篤暉投手と福岡ソフトバンク・嘉弥真新也投手のマッチアップに。ご自身でPS4を購入し、練習をしてこの場に臨んだという嘉弥真投手は、初回から走者を背負いながらも、見事なけん制球で進塁を阻止。3回表に今宮健太選手のタイムリー、5回表には甲斐拓也選手、柳田悠岐選手の連打で2点目を挙げると、そのまま福岡ソフトバンクが2対0で逃げ切り。けん制や盗塁など、見事な操作技術で快勝を飾りました。一方の種市投手は、自身を先発に送り、5回2失点と力投しましたが、打線で援護できず、悔しい完封負けを喫しました。

けん制でランナーを誘い出した嘉弥真新也投手。種市篤暉投手はやってしまったとこの表情(C)パーソル パ・リーグTV

けん制でランナーを誘い出した嘉弥真新也投手。種市篤暉投手はやってしまったとこの表情(C)パーソル パ・リーグTV

【第3試合】北海道日本ハム・近藤健介選手VS埼玉西武・今井達也投手

 初日のトリは、北海道日本ハム近藤健介選手と埼玉西武・今井達也投手の戦いに。「プロ野球スピリッツ」初プレイという近藤選手に、初回から今井投手が襲い掛かります。スパンジェンバーグ選手の安打と盗塁で得点圏に走者を進めると、4番・山川穂高選手でフェンス直撃二塁打を放ち、1点を先制。しかし、その後は両者ともに得点を許さない投球を続け、試合はそのまま1対0で埼玉西武が勝利。今井投手は11奪三振の快投を見せました。

自身が打席に立つと食い気味に画面に近付く近藤健介選手。今井達也投手は真剣な表情(C)パーソル パ・リーグTV

自身が打席に立つと食い気味に画面に近付く近藤健介選手。今井達也投手は真剣な表情(C)パーソル パ・リーグTV

【第4試合】オリックス・山本由伸投手VS埼玉西武・今井達也投手

 大会2日目の第1カードは、山本由伸投手、今井達也投手による同世代対決に。山本由伸投手は、「俺使えよとプレッシャーをかけられたので」と山岡泰輔投手を先発に起用。一方、優勝に向けて負けられない今井投手は、高橋光成投手をマウンドに送った。試合は、今井投手が3度、けん制死を奪うなど、持ち前の技術力で勝負。対する山本投手も巧みな配球で本塁を踏ませず、同世代対決は0対0のまま引き分けで試合終了。山本投手は今井投手との投げ合いについて、「前回対戦はずっとロースコアで集中できて楽しかったので、またああいう試合ができたら」と語っていました。

1998年生まれで同級生の2人。話しながら楽しそうにプレイしていました(C)パーソル パ・リーグTV

1998年生まれで同級生の2人。話しながら楽しそうにプレイしていました(C)パーソル パ・リーグTV

【第5試合】楽天・則本昂大投手VS福岡ソフトバンク・岩嵜翔投手

 第4試合のオリックスVS埼玉西武戦が引き分けに終わったため、勝った方が優勝という緊張の一戦に。則本昂大投手は自らを先発のマウンドに送りましたが、岩嵜翔投手が先発に抜てきしたのは、前日にプレイヤーとして白星を挙げた嘉弥真新也投手。

楽天・則本昂大投手は自身を先発のマウンドに送った。(C)パーソル パ・リーグTV

楽天・則本昂大投手は自身を先発のマウンドに送った。(C)パーソル パ・リーグTV

 試合は鷹打線が序盤から猛攻をしかけ、2点を先行すると、3回表には「#パーソル チャリティマッチ パ」第1号となるホームランが飛び出し、リードを3点に。先発に起用された嘉弥真投手も3回までパーフェクトに抑える快投を見せ、試合は終始福岡ソフトバンクペースに。最終6回裏に則本投手がタイムリーで1点を返すも、あと2点は届かず、3対1で試合終了。福岡ソフトバンクが「#パーソル チャリティマッチ パ」初代王者に輝きました。

 勝利した岩嵜投手は、「うれしいのですが、31歳にもなってゲームうまいというのは……」と言葉をにごし、前日プレイした嘉弥真投手は、自身のTwitterで「俺のおかげ」とツイートしていました。

柳田悠岐選手でホームランを打ち、パフォーマンスを真似する岩嵜翔投手(C)パーソル パ・リーグTV

柳田悠岐選手でホームランを打ち、パフォーマンスを真似する岩嵜翔投手(C)パーソル パ・リーグTV

【第6試合】北海道日本ハム・宮西尚生投手VS千葉ロッテ・藤原恭大選手

「#パーソル チャリティマッチ パ」最終試合は、宮西尚生投手VS藤原恭大選手という、14歳差の両者がマッチアップ。初回に宮西投手がダブルスチールを決め、先制点を挙げると、以降もエンドランなど、試合経験を生かしたさすがの試合運びで藤原選手を翻ろう。試合はそのままこう着状態で進み、1対0で北海道日本ハムが勝利を収めました。藤原選手は、「(配球が良くて)全然打てなかったです」と、ベテラン左腕の投球術に完封されてしまいました。

一回り年が離れている宮西尚生投手と藤原恭大選手。2人とも笑顔で、プレイ中には良いリアクションを見せてくれました(C)パーソル パ・リーグTV

一回り年が離れている宮西尚生投手と藤原恭大選手。2人とも笑顔で、プレイ中には良いリアクションを見せてくれました(C)パーソル パ・リーグTV

初代王者は福岡ソフトバンク! 6月からも「パーソル パ・リーグTV」でプロ野球を楽しもう!

 プロ野球開幕日正式決定に伴い、前哨戦として開催された「#パーソル チャリティマッチ パ」、みなさま楽しんでいただけましたでしょうか。普段は見られない選手の姿や、プロ野球選手が「プロ野球スピリッツ」内で自身を操作する姿はとても新鮮でした。

 さて、「パーソル パ・リーグTV」では、6月2日から始まるパ・リーグ各球団の練習試合をライブ配信します! 6月の練習試合・公式戦も「パーソル パ・リーグTV」で楽しみましょう!

※本大会はチャリティマッチになります。新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、治療の最前線ではたらいている医療従事者の方々を支援するため、みなさまからの寄付を募ります。ファンのみなさまからの寄付金は6月30日(金)まで受付させていただく予定です。開催趣旨にご理解・ご賛同いただけましたら、ご負担にならない範囲で寄付のご協力をお願い致します。


文・東海林諒平

「#パーソル チャリティマッチ パ」全試合終了時点の順位表(C)パーソル パ・リーグTV

「#パーソル チャリティマッチ パ」全試合終了時点の順位表(C)パーソル パ・リーグTV

関連リンク