鷹・工藤監督「今日の3本は自信になる」猛打賞の栗原を高評価

2020-06-03 22:09 「Full-Count」福谷佑介
福岡ソフトバンク・工藤監督※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

福岡ソフトバンク・工藤監督※写真提供:Full-Count(写真:福谷佑介)

開幕スタメン獲りを狙う栗原は2打席目から3打席連続で安打

 福岡ソフトバンクは3日、京セラドームでオリックスと練習試合を戦い、10-5で対外試合2連勝を飾った。柳田が対外試合チーム1号となるソロを放ち、期待の栗原が3安打とアピール。打線が15安打で10点を奪い、試合後の工藤公康監督も「4回の5点は繋がりのある中で得点することができた。今年の課題は得点力。そこが見えたのは良かったと思います」と納得の表情だった。

 1点ビハインドで迎えた4回、柳田が中越えの二塁打を放って出塁すると、バレンティンの中前適時打で同点。さらに上林が左前安打で続き、栗原の左中間を破る適時打で勝ち越した。さらに甲斐も2点適時二塁打で続き、この回一気に5点を奪った。

 5回には先頭の柳田が左中間スタンドへ運ぶソロ。6回には栗原が中前安打で出塁し、川島の適時打で追加点を奪ってリードを広げた。9回には高谷、明石、三森と途中出場の3人が3連打で繋がって3点を加えた。この日は川島のセーフティースクイズや甲斐のバスターなど、策も仕掛け「いきなり本番は選手にもかわいそう。やるべき人は意識を持って取り組んでほしい部分もある」と工藤監督は振り返った。

 前日に3安打を放った上林に続き、この日は開幕スタメン獲りを狙う栗原が3安打1打点とアピール。紅白戦から打撃でいいアピールを続けており「練習中にも話はしたんですけど、慣れていくことで自分の力も出る。使えるところがあれば使っていきながら、考えていきますけど、今日の3本は自信になったかなと思います」と指揮官も高く評価していた。

 また、先発の石川は2回に若月にソロ本塁打を浴びるなど、4回を投げて4安打2失点。工藤監督は「一つ一つのボールは良かったと思います。ちょっとホームラン打たれたり、ヒットされたボールは高かったので、その辺は本人にも次回は、練習する時にやって備えて欲しいという話はしました」と評価していた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)