日ハム栗山監督、7回1失点の上沢投手を称える 「勝たせてあげられて良かった」

2018-04-10 23:20 「Full-Count」福谷佑介
北海道日本ハム・栗山英樹監督

北海道日本ハム・栗山英樹監督

上沢投手は7回5安打1失点で今季初勝利をあげる

北海道日本ハムが福岡ソフトバンクを敵地で下し、カード初戦に快勝した。10日、ヤフオクドームでの一戦。先発の上沢直之投手が、鷹打線を7回1失点に抑える好投を見せると、打線は小刻みに加点。試合後、栗山英樹監督は「なかなか点を取ってあげられなかったけど、良かったね」と今季初勝利をあげた右腕を称えた。

2回に中村晃選手、松田選手の連打などで1死満塁のピンチを背負った上沢投手だったが、甲斐選手を一飛、本多選手を外角低めいっぱいのストレートで見逃し三振に斬り窮地を脱出。その後も走者こそ背負ったが、要所で三振を奪って生還を許さなかった。6回にデスパイネ選手にソロを浴びたが、失点はこれだけ。7回5安打1失点、7個の三振を奪った。

今季初先発だった4月3日の楽天戦(楽天生命パーク)でも7回無失点の好投を見せながら、味方打線の援護が遅れて白星を逃していた上沢投手。カード頭を任せているだけに、栗山監督も「この前もあれだけのピッチングをして、勝てないとアレコレして悪くなる投手もいる。勝たせてあげられて良かった」と2戦目で今季初勝利をあげたことを喜んでいた。

打線は4回に4連打で先制し、6回に清水優心選手、7回には中田翔選手がソロを放って加点。8回にも横尾俊建選手が中前適時打を放ってダメ押し。8回をトンキン投手、9回を石川直也投手が締めて逃げ切り。「こちらのミスもあったけど、それを消せるくらいにみんなでやるしかない」と指揮官は着実に加点した打線を評価。これで再び貯金を2に戻した。