ホークス再び借金、7回138球の東浜投手に工藤監督「次に活かすことが大事」

2018-04-10 23:25 「Full-Count」藤浦一都
福岡ソフトバンク・工藤公康監督

福岡ソフトバンク・工藤公康監督

デスパイネ選手待望の一発には「上がっていってくれたら」

10日、福岡ソフトバンクは日本ハムに1対4で敗れ、再び借金1となった。先発の東浜巨投手は立ち上がりから制球に苦しみ、7回で138球。6回、7回に手痛い一発を浴び2敗目を喫した。

立ち上がりからずっと苦しんでいた。3回までは得点圏に走者を置きながらも粘りを見せたが、4回に下位からの4連打で1点を失うと、100球を超えた6回には清水優心選手に、7回には中田翔選手に一発を浴びて計3失点。昨年の最多勝利投手が開幕2連敗となった。

試合後の工藤公康監督は東浜投手について「ボクもボールがいっていないのはわかったし、マウンド上で何かおかしいなという仕草も見て取れた。でも、そういう中で投手は投げなきゃいけないんだから、丁寧に、丁寧にというところですね」と語った。

さらに「今日もホームランでの失点が最終的には試合を厳しくしたので、そうならないためにはどうしたらいいのか、しっかり考えてほしい」と、前回登板と同じ2つの被弾に苦言を呈した。

138球を投げさせた点については「その中でつかめるものもあるし、途中までは低めに丁寧に投げていた。今日だけではないので、しっかりとつかんで次に活かすことが何より大事だと思う。それに今日は長いイニングも投げてもらわないとという状態だったからね」と工藤監督は話す。

9試合目にしてようやく出たデスパイネ選手の本塁打については「少しずつでしょうけど、上がっていってくれたら」と、今後の調子が上向くことに期待を寄せた。それでも2回は1死満塁のチャンスを逃すなど、打線はつながりを欠き、どうしても波に乗り切れていない。投打ともに、もう少し我慢の時が続きそうだ。