ロメロ&ブラッシュのアベック弾で楽天が大勝! 千葉ロッテ先発の美馬学は3回6失点

2020-06-07 16:00 「パ・リーグ インサイト」編集部

6/7 イーグルス対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 6月7日、ZOZOマリンスタジアムで行われた楽天対千葉ロッテの練習試合は、投打がかみ合った楽天が6対1で勝利を収め、連勝を飾った。

 千葉ロッテは初回、楽天の先発・石橋良太投手に対し先頭の荻野貴司選手が安打で出塁すると、4番・レアード選手の内野安打の間に本塁に生還。

 すると楽天は直後の1回裏、元チームメイトである千葉ロッテの先発・美馬学投手の直球を2番・ブラッシュ選手がレフトスタンド上段にたたき込み同点に。さらに2回裏には、6番・ロメロ選手にも勝ち越し2ランが飛び出す。9番・山崎幹史選手の適時三塁打で1点を追加。その後、敵失間に1点を追加し、この回一挙4得点でスコアを5対1とする。勝ち越し弾を放ったロメロ選手は「1本出てくれて良かったよ。開幕まであと少しだからしっかり仕上げていきたいね」と笑顔で振り返った。

 楽天は3回裏にも銀次選手の適時打で1点を追加し、4回表から継投に入る。先発・石橋良太投手は、得点圏に走者を背負う場面もありながら要所を締める投球で3回3安打3奪三振1失点の内容で降板。対する千葉ロッテの先発・美馬学投手は3回7安打3四球6失点の内容で降板し、種市篤暉投手がマウンドに上がる。

 その後、楽天は小刻みな継投で千葉ロッテ打線に付け入る隙を与えず、スコアに動きを見せないまま試合は終盤に向かう。楽天の5点リードで迎えた最終9回表、千葉ロッテはこの回から登板した安樂智大投手の前に3者凡退に終わる。9回裏、楽天打線も無失点に終わり、試合終了。楽天が6対1で勝利した。

 勝利した楽天は、先発・石橋良太投手が3回3安打1失点とまずまずの内容。後を受けた中継ぎ陣は走者を背負いながらも落ち着いた投球でリードを守ると、打ってはブラッシュ選手とロメロ選手の両助っ人が本塁打を放ち、打線をけん引した。一方の敗れた千葉ロッテは先発・美馬学投手が立ち上がりから安定せず、3回7安打6失点と苦しい内容だった。2番手・種市篤暉投手が3回無失点の好投で躍動するなど、後を託された投手は計6イニングを無失点でつないだ。

  123456789 計
ロ 100000000 1
楽 141000000 6

ロ 美馬学-種市篤暉-東條大樹-ハーマン-チェン
楽 石橋良太-津留埼大成-J.T.シャギワ-ブセニッツ-瀧中瞭太-宋家豪-安樂智大

文・後藤万結子

◇練習試合を観るなら「パーソル パ・リーグTV」で!

関連リンク